大豆一粒運動

大豆の畑 岩槻

中浦和の駐車場を出たのが、13時45分。岩槻のEさんの家に着いたのが15時5分でした。途中道路工事での通行規制にもかかりましたが、「高速代1000円!」のあおりでインター近くの一般道も混んでいました。高速代の値下げは、省エネ・CO2削減の動きに逆行しているとしか思えません。

閑話休題 

岩槻の畑では、大豆が大きくなっていました。播種から約一か月です。009 これは参考画像です。育っているのは、「丹波の黒豆」015 こちらが、いつもの「茶豆

014 効率的な葉っぱの広がり方は、見事です。

何箇所もの畑に連れて行ってもらいました。どこの畑にも生き物がたくさんでした。とくに蜘蛛がいろんなところに網を張っていました。蜘蛛がいないような畑や田んぼは、元気じゃないんです。

虫がいない畑や田んぼなんて、考えただけで怖い!

      

018 020 022 岩槻の畑での草取り作業が、7月26日と8月30日に予定されています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大豆の畑

001熊谷の畑は、7月13日に播種をしました。5日目でこんな芽が出ています。深さを考えて播種しないと、ハトが食べてしまうそうです。カラスよりハトが厄介。

003 大豆生産農家のNさんが、一本引き抜いて見せて下さいました。しっかり根が出ていました。

005_3昨年大豆を作った畑は、田んぼになっています。大豆畑のあとは土壌が元気になっているので、イネも喜んでいることでしょう。自然に爆ぜた大豆が畑にたくさん落ちて、それらがみんな鋤きこまれ土壌が豊かになるのです。

8月10日に、草取りを予定しています。そのころは、大豆の丈も高くなりますが、雑草も負けてはいません。大豆に太陽がたっぷり当たるよう、草取りをします。

詳しい時間が決まり次第、広報します。

上り高崎線の車中で、異様な程の睡魔に襲われながら本部に帰り岩槻に向かいました。

画像はクリックすると大きくなります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

手前味噌作り

大豆一粒運動恒例の“手前味噌作り”の季節になりました。中浦和本部で、7人が味噌作りに挑みました。

005

010

今年度は、越谷・大宮・さいたま・熊谷・入間・・の各会場で「味噌作り」が企画されました。

「味噌作り」の手順はいたって簡単。素材がいいから飛びきり美味しいみそができます。生産者の皆様に感謝です。

甕に入れて持ち帰った味噌は、ひと夏を過ごし9月頃から食べられます。1キロの大豆で約4キロの味噌ができます。味噌の熟成期間中は、下手な歌を聞かせないようにします。今年は、ブラームス仕込みにしようかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食いしん坊大集合!

本当のタイトルは『大豆収穫祭』です。いや~、楽しかった。

001蒸したての餅米・・熱いまなざし送っていたら、「食べてみるかい?」とNさんの優しいお言葉。 即実践です。このおいしさを分かち合いたいので、画像をクリックしてみてください。新米なので真白です。餅米も古くなるとやや黒ずんでくるそうです。

008 会場の近くの神社。右手に火の見櫓も写っています。

011 目の前に広がる田畑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

岩槻の大豆畑 参加者募集!

***大豆の取り入れ&脱穀をします。***

*日時:11月22日(土)23日(日) 両日とも8時30分~

*集合場所:遠藤さん宅(詳しくは、本部にお問合わせ下さい)

*持ち物:頭に被るもの、マスク、飲み物

参加される方はほとんどの方が「いもの会」会員さんですが、「生活クラブです」と堂々と名乗ってくださいませ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊谷の大豆   弾けてます!

10月29日 韓国のメデアスタッフが熊谷大豆畑に取材に来ました。

生活クラブが取り組んでいる「大豆一粒運動」、大豆一粒運動に賛同してくださった「生産者の気持ち」など熱心に尋ねられました。

生産者のNさんご夫妻は、大豆畑で取材を受けました。大豆は弾けてこぼれてしまったのが、たくさんありました。気になって「落ち穂拾い」の如く「落ち豆拾い」をしました。

008 落ちた豆が美味しい・・らしい

006 大豆畑にある「看板」・・かなり目を引いて、近所の方が気にするんですって。

冷たい風が吹いてきたので、場所を「さくら」に移して取材を続けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大豆の天敵?

枝豆シーズンが済んで、大豆はひと安心していたのだろうなぁ。

そこに・・・037 現れた某集団

あれよあれよと、刈り取られてしまいました。「ちょっと欲張りでないかい?」

049

一部は、ずんだもちにして美味しく頂きました。

大量の枝豆は当然食べきれず、ふくろにパンパン詰められたお土産になりました。

影の声:私たちは「このくらいでいいです」と言ったのですが、根岸さんが「もっともっと」と促してくださったのです。私たち素直なので・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枝豆試食会

雨模様が予報されていたにも関わらず、暑いくらいのいい天気でした。

「今日は26度になるから・・・」と熊谷住民は、半袖で暑さ対策ばっちり。熊谷の暑さを知らない県南組は、長袖の重ね着でした。

2か月振りの「大豆畑」 すっかり色づいた畑の隣に緑の畑がありました。根岸さんが枝豆用に作付をずらして育ててくれたのです。

024

032 某研究所の大豆とは違って、穴だらけの葉・・・それでこそ安全

| | コメント (2) | トラックバック (0)

吉報! 国産大豆

連合のホームページにうれしい記事が載っていました。

http://www.seikatsuclub.coop/activity/20080905.html

働きかけが功を奏したいい事例です。

ダメと言われても諦めない…扉は壊れるまで叩き続ければいいのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊谷の大豆 8.21

2週間ぶりに会いに行ったら、すっかり大きくなっていました。003_3 今回は、草取りメンバーが過去最高の9人。大豆も大喜びです。100メートルの畔の雑草を軽快に抜き取りました。

005_2 虫が食べている葉を見て喜びが込み上げました。先週見学に行ったGM大豆には、「虫穴」ひとつあいていませんでした。除草剤耐性大豆で大量に除草剤を浴びたからかしら?

控え目な大豆の花が咲いていました。                                                                                            002                               

011畑のそばには水道施設?があり、作業後手を洗うYさん。周りの草の枯れ方が「怖い」。ついでとばかり撒いてくれたのかもしれません。006_2 こっち向いてほしかったんだけれど、「この角度が売り」とか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)