« 半夏生 と半夏雨 | トップページ | 大暑 »

2020年7月19日 (日)

太陽の黒点

太陽の表面には、まわりより温度の低い黒点と呼ばれるゾーンがあります。

かつて天体観測部にいた頃、昼ごはんのパンを片手に連日黒点観測をしていました。どのようにまとめたか記憶にないけれど、観測していたことはぼろに覚えています。

だらーんと時が流れて、中学生に黒点を見せていた時、なんと旅客機が投影された図面の中を通過したのです。

びっくりしました。

機影もしっかり映っていましたから・・旅客機に詳しい方なら機の型も分るくらいに鮮明でした。こんなことってあるのですね。

閑話休題

今年は、特に黒点の数が少なくて知らず知らずに地球に影響を及ぼしていると思います。

1645年から1715年までの70年間は黒点がほとんど現れず、地球は寒冷気候に包まれました。日本では元禄の飢饉、イギリスではテムズ川が凍結。

あれから300年。これから太陽黒点の動きがどうなるかは想像できませんが、穏やかでありますように。

 

 

« 半夏生 と半夏雨 | トップページ | 大暑 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 半夏生 と半夏雨 | トップページ | 大暑 »