« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月24日 (水)

アジサイ

こちらに来て3度目の夏です。

義父が植えたアジサイが庭の隅にひっそりとありました。花の色も白くて、まぁきれいと言えばきれいなんだけれどアジサイらしくないなと思っていました。昨年花が終わったあとに、アジサイの手入れの本を片手に剪定しました。

そしたら・・今年。

大輪の花が咲き、色もうすい青色。家のあちこちの飾りました。

40年近く前、大阪のおばちゃんに教わったこと・・・「あのな、七夕の日にな、アジサイを飾るといいんやで、お金が溜まるんよ。」

2020年6月20日 (土)

責任を痛感だってさ!

あの人の言う言葉には、少しも気持ちが込められてない。

「申し訳ないと思っている」と口に出しながら頭も下げない。例のごはん論法や訳の分からない言い回しで、国民を呆れさせている。呆れさせて忘れさせて無かったことにするのだろうな。

昨日の新聞に載っていた姜尚中さんが論じた[現代の日本政治]. 以下引用

今年は、ドイツの社会学者マックス・ウェーバーの没後100年。政治教育の必読の古典とされているのがマックス・ウェーバーの『職業としての政治』である。かつては、優秀な官僚がうまく仕切ってくれていた。今やどうしたらいいのか?政治に対する自嘲的でシニカルな態度を改め政治家を選ぶ国民の政治的な「民度」を高めていくしかない。国民は自分のレベルに相応しい政治家しか選べない以上、「政治教育」が欠かせないことは言うまでもない。

ウェーバーにとっての最低の政治家とは、権力感情に溺れ、自ら信じるべき「信条」もないまま、権力を自己陶酔の対象として追及する無責任な政治家であった。

 

あんな人を選んでしまった!

過ちては則ち改むるに憚ること勿れ!

諦めてはいけない!

 

 

2020年6月15日 (月)

一斉に拍手

さいたま市立の学校の児童生徒約10万人が、一斉に拍手をして医療従事者への感謝を現すそうです。

6月15日午前10時から約30秒間 

「感謝しなさい」と強制するのも変だし、子どもたちにきちんと説明する時間もないし・・・。

自主的に考えるようにとかを教育目標にあげているけれど、「私は、拍手しないよ」なんて言える子は居たのかしら?

納得もしないまま「○○しなさい」なんて言われたら、聞こえない振りがができた私の幼い頃。今はどうなのかな?

なんだか怖い。深読みしすぎならいいんだけれど。

 

21日夏至の日 部分日食が起きます。

日食時に気持ちを込めて祈りたいと思います。

2020年6月 9日 (火)

4時30分起床

既に明るくなっています。鳥もよく囀っているし寝ているのはもったいない気がして起きました。

就寝時刻もぐーんと早くなっていますから、睡眠時間はたっぷり。6時前には朝ご飯が済んで、7時前に洗濯物を干してしまいます。

私が洗濯物を干している間に、夫がコーヒー豆を挽いてコーヒーをじっくり淹れます。ベートーヴェンは自分のためにきっかりコーヒー豆を60粒選んで淹れてたそうです。うちの定番は38gの豆で4杯分です。

半端に残った豆で、自家ブレンドをしますが時々とても美味しい。

早起きする人を「朝美人」というらしいが、どうなんでしょう?

2020年6月 6日 (土)

上半期 

商売というか経済的な活動は全くしてないけれど、一年の半分が過ぎようとしているという実感があります。半年分の振り返りの時期です。今となっては反省はあまりしなくてあくまで振り返りですけどね。

例年ですと6月末には上半期の穢れを払う『茅の輪くぐり』が行われるのですが今年はどうなることやら。

ここは首都圏でもなく大都市でもないので、コロナ感染者は少なくほとんどの方が退院しましたし新たな感染者もずっと出ていません。でも、県民の感染防止への意識は高く人通りは少ないままです。

「我慢の限界」とか言って繁華街に出かける人が報道されていましたが、気の緩みが普通になって次の大きな波が来るのが心配です。大人のこうした行動が学齢期の子どもたちを窮地に追いやっているのでしょうね。

授業時間が45日分不足との報道がありました。

土曜日授業、夏休み冬休みの短縮などが予定されていますが、数字合わせの計算通りに進ませるのはいかがなものか?

2020年6月 5日 (金)

醤油こうじ 

生活クラブのカタログに載っていたので、作ってみました。

材料 米麹 150g 丸大豆醤油250㏄  材料はこれだけ

時々かき混ぜる時、とてもいい香りがします。

とろみがついて麹が指でつぶせるくらいになったら完成。うふふ。

2020年6月 2日 (火)

6月だよ!

時が止まったかのような3か月。出かけるところが無い日々をずっと送っていました。慣れてしまえばそれほどのストレスもなく過ごしています。

この数か月で街中のいくつかのお店が閉店してしまいました。こちらに来てからもかなりの数の店が閉めてしまいました。

雰囲気のある老舗書店が閉めてしまったのは寂しいです。

お気に入りの店は元気にやっているかしら?

アーケードも元気がありません。

どうなることやら?

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »