« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月30日 (土)

5月もあとわずか

コロナ騒ぎで、何もしていないのに時の流れが早い。今日は、午後から曇ってしまったけれど上弦の月。半月です。

6月6日には満月(ストロベリームーン)になり、早朝の4時30分頃に半影月食が起こります。太陽が上がってくるのとほぼ同時に月没ですから最後まで見られません。条件的には観察はあまりよくないなぁ。

そして続く新月の時、6月21日のたまたま夏至の日に部分日食が起こります。16時10分くらいから18時頃。梅雨に入っているかもしれないのでどうなることやら?

 

 

2020年5月26日 (火)

生活クラブ 100%のくらし

電気の契約はまだだけれど、それ以外はほとんど生活クラブで賄っています。

新型コロナによる自粛生活で、すべての食材が生活クラブのものになりました。利用高がかなり上がっていますが、スーパーやデパートでのちょこっと買いが無いのでトータルではあまり変わらないと思います。

生活クラブ消費材満喫は、老後生活のお楽しみですね。

医療費や外食費がかからない分、食生活を大事にしています。

歯科医院での定期診断や就業のための健康診断には何度か行っていますが、内科系の病院へは30ウン年前の出産が最後です。

ストレス回避の方法も、年を重ねてかなりうまくなりました。

連れ合いが、世話焼きなので疲れていると時々気になります。

今朝言ってやりました。

「あんな うちの頭の上に飛んでるのは、ハエやないでスズメバチやから気ぃつけや」

 

2020年5月25日 (月)

アベノマスク 来たーっ!

5月23日にポストに入っていました。

エイプリールフールの日に「1世帯当たり2枚配布する」と発表された例のマスク。

詰まらねえ冗談だなぁと思っていたら・・・マスク配布予算が466億円と言われて腰が抜けました。大事なお金は有効に使いなさいよっ。

孫にあげたら給食当番用に使えるかもしれないと思っていたら・・・汚れや虫がついているとか。どこまでも笑えないっ。

 

 

2020年5月23日 (土)

ラフマニノフによるラフマニノフ

ラフマニノフの自作自演によるピアノ協奏曲2番と3番。

2m近い身長の彼は、当然手も大きくて超絶技巧的な難所もらくらく余裕で弾いている感じです。

録音されたのは2番が1929年4月で3番が1940年2月、わたしが生まれる遥か前。

彼は1873年に生まれて70歳直前の1943年に没していますから、同じ空気を吸うことはできなかったけれど素晴らしい曲を残してくれました。

100年以上も前にロシアの地主貴族に生まれたラフマニノフは、自作自演のピアノを日本の片隅に住んでるおばさんが感動しながら聴いているなんて想像すらできなかったでしょうね。

ピアノ協奏曲2番がとりわけ好きです。かれこれ聴き始めて半世紀。

聴いているうちに若かりし頃にタイムスリップしてしまいそう。

今は肩の力もいい加減に抜けて楽な生き方をしています。それでもこの曲が好き。

 

2020年5月22日 (金)

こうのとり 最後の旅

5月21日午前2時31分 種子島宇宙センターから国際宇宙ステーションにむけてH2Bロケットが打ち上げられました。

このロケットには無人補給機の「こうのとり」9号機が載っていました。そしてこのロケット打ち上げとこうのとりは、これが最後でつぎの補給機にバトンタッチです。お疲れさまでした。

10年程前、補給機の名称を募集するキャンペーンがあって応募したんですが採用されませんでした。

名称が「こうのとり」と決まった時、なるほどーと納得しました。

 

2020年5月19日 (火)

スズメバチトラップ

2年前に庭のサンシュユに、徳利をさかさまにしたような変なものがぶら下がっていました。丁度植木屋さんが来ていたので「ハチの巣かもしれません」と言ったら、「あれはスズメバチの巣だ」と言って処分してくれました。

落下した徳利を見たら・・・・素晴らしい造作でした。とても人間にはまねができません。

翌年からスズメバチトラップを仕掛けています。昨年は巨大な女王バチが1匹。今年は2か所に仕掛けてすでに5匹は入っています。

トラップの効果でしょうか、スズメバチの巣は見かけません。クマバチやアシナガバチはよく飛んでいます。

トラップも今月を限りに片付けなくてはいけません。働きバチが活動するようになると大量に集まってしまうからです。

2020年5月17日 (日)

マスクの検品 8億円!

初めてニュースで聞いたとき、「何で?8億円もかかるの?」と思いました。日本中の人がびっくりして呆れたニュースでした。

それにしても、何人かのチェックを経ているであろうに「この数字おかしいんじゃないか?」と声をあげる人がいなかったのでしょうか?

不思議大国にっぽんです。

自身の財布から出ていくわけではないから、ええ加減なのでしょうか。

8億円のニュースで、大阪での買い物を懐かしく思い出しました。

150円のトマトを買うのに200円出したら・・「毎度、おねえさん、50万円のおつりだよー」ってな具合でした。

マスクの検品作業に550人が携わって云々。計算したら一人当たり145万円になります。時給に換算してもすごい金額。

ええ加減にしてください。

 

検品以前にあのマスクというかアホノマスクはいらない。本当に困っている人のために大事なお金を使ってほしいね。

 

2020年5月13日 (水)

13日未明 月と木星と土星が接近

早起きしてますか?

午前3時頃、南東の空で天体が集合しています。ちょっと離れて火星も見えます。

 

2020年5月11日 (月)

5月10日は・・・地質の日

明治9年に、地質学者ライマンが日本で初の地質図を作成した日だそうです。制定されたのが2007年。

「石なんか見て何がおもろいんやろ?」と思っている人が多いと思いますが、はまれば抜けだせなくなりますよ。火山活動や地震活動なども思わぬところで記録されているところがあってとても興味深いです。

更級日記の作者が、富士山の頂上あたりから煙が立ち上っていて夕暮れには日の燃え立つのも見えると記しています。作者が生まれたのは1000年ころですから、およそ1000年も前の出来事です。

『山のいただきの少し平らぎたるより、けぶりは立ちのぼる。夕暮れは日の燃えたつも見ゆ』

1000年も前に・・驚きとトキメキです。 これからの1000年地球はどうなっているのかしら?

 

2020年5月 8日 (金)

フキが届きました

フキの季節になりました。

フキが食べたいなぁ。でも出かけるの控えているし・・・なんて考えていたら50年来の友人からメールが来ました。

フキ送ろうか? ととても簡単なメール。

何でわかるんだろう?即返信  猫に鰹節だよ 

翌日ゆうパックでふきが到着 今夜は早めに夕ご飯にします。美味しく?できたフキの煮物が楽しみです。うふふ。

2020年5月 6日 (水)

お赤飯 大好き

サクラが咲き始める頃に無性にお赤飯が食べたくなっていました。サクラが咲いて葉桜になっても相変わらずお赤飯が食べたい日々です。

5月は祝日が多いので憲法記念日だから・・こどもの日だから・・と炊きました。

お酒好きの歌がありましたねぇ。それに因んで、1月は正月でお赤飯、2月はバレンタインでお赤飯、3月はひなまつりで、4月は新学期で、5月は憲法記念日で、6月は梅雨入りで、7月は七夕で、8月は終戦で、9月は敬老で、10月は・・・理由はどうにでもなります。

お赤飯でテンションがあがるという単純な性質でよかったと思います。

 

2020年5月 4日 (月)

7日は満月

月に最低1回、時たま2回ある満月。2回ある満月は珍しいという意味合いでブルームーンと呼ばれています。

満月はだんだん欠けていくので、あまり好まれないようですね。

日没と同時に出てくるので、夜更かしが苦手でもばっちり楽しむことができます。

5月の満月はフラワームーン。

新型コロナの影響で花回廊も中止になりました。

また満開の花の名所で刈り取られたりしていますが本来5月は花が咲き誇る季節です。

 

2020年5月 2日 (土)

5月の光

いつになく新緑がまぶしく感じられます。 

庭の緑もさまざまな色合いで、目を楽しませてくれています。枯れてしまったかと思われた鉢植え枯れた茎のそばから新しい芽が出てきて嬉しくなりました。

アサギマダラの来訪を願って植えたフジバカマも芽を出しています。

京都の革堂行願寺で分けていただいたフジバカマの種は、残念ながらまだ芽が出てきません。土地が違うとだめなのかしら?

ご近所から分けていただいたマツバギクは順調に広がってきました。こちらの幹線道路の歩道には夏になるとたくさん咲いています。

たくさん咲いていると言えば・・・危険外来種のナガミヒナゲシがあちこちで咲き始めます。

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »