« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月29日 (土)

閏日

4年に一度の閏日。アスリートたちには、オリンピック開催年としての大事な一日なのでしょう。

昨日唐突に発表された「臨時休校への要請」・・・びっくりしました。

必然的にいろんな問題が次々に生じています。初動対応のまずさがこんなことになったことは、否定できません。

2020年の2月29日は、多くの人にとって忘れられない日になるでしょう。

近くの市立図書館の学習室も閉鎖されましたし、講演会、演奏会もほとんどが中止。

大相撲、野球、サッカーなども無観客試合。

早く感染危機が沈静化することをせつに願います。

何もできないので、ひたすらじっとしてます。

今朝の一句   #閏日は 少し特別 ミモザ買ふ   中村ひろ子

庭では、ボケの花が咲き始めサンシュユの蕾が大きくなってきました。 

2020年2月25日 (火)

フキノトウ

春の香りといえば、やはりフキノトウ。待っていたフキノトウの季節がやってきました。わくわく。

子どものころは苦手だったのに、十分大人になった今ではあの苦さが堪らなく癖になります。

味噌汁に少しだけ刻んで入れると香りがぱっと広がります。

今年は全国的に雪が少ないので、例年より早くスーパーや八百屋さんにフキノトウが出回っています。

50年来の友人が、今年もたくさん送ってくれました。

料理の腕は兎も角、あの苦みと香りを堪能したいです。

 

2020年2月18日 (火)

早起きのすすめ

立春が過ぎたとはいえ、まだまだ朝方の気温は低め。

如月二十日ごろ、夜明け前の南東の低い空に、惑星がずらっと並んでいます。

月齢は19日が25.2で20日が26.2そして21日が27.2とかなり細い月。

南東の空を見て、右上からアンタレス・火星・木星・土星の順。月は日によって位置が変わっていきます。

19日には火星の近く、20日は木星の近くそして21日には土星の近くに移動します。

晴れていればいいけれど・・・

2020年2月16日 (日)

キジネコ

今住んでいるこの家が無人だった頃、ここは近所の猫たちの遊び場だったのかもしれません。

夏の早朝、数匹の猫たちが庭で遊んでいる姿をよく目にしました。寒い季節は、入れ替わり立ち替わり顔を出します。キジネコ、あしが白いキジネコ、クロネコ、毛長のモフモネコ、シロネコ・・。

一番慣れてきたのはキジネコ。しかし「ネコちゃん、こんにちは」「にゃー?」と言っても返事はしない。

ある日の話・・決して盛っているわけではありません。

ブリの切り身(ブリ大根用の)を、お裾分け気分で調味する前のを少しあげました。

その翌朝、キジネコがサッシのガラスに前足でトントンしたのです。

びっくり!おねだりしたのです。

でも、残念もうないの。

古平の魚セットを使った料理の後も、ネコ大喜び!皮も頭も完食。

ネコとおしゃべりできたら、生活クラブ談義に花が咲きそうです。

 

2020年2月15日 (土)

奈緒子

本当の名前ではありません。

演劇グループでの役の名前です。昨年の9月から約半年、稽古のあいだ奈緒子の名前で通してきました。

本名は、知らないけどと言われながらも・・・「なおちゃん」と呼ばれる快感。

演じる際には、本名なんて全く関係ないしどんな生き方をしていたかも関係ない。以前はどうだったとかに縛られないのも気持ちがいい。

2月の公演で解散になってしまったけれど、楽しかったぁ。

また機会があったら、舞台に立ちたい!

 

 

2020年2月 7日 (金)

真冬日

寒い日々が続いていますが、気長にお茶でも飲みながら待っていれば暖かくなるのが常でした。しかし昨日は何時になっても氷点下のまま。

天気サイトではリアルタイムで時々刻々気温を知らせてくれます。体感温度的にもかなり低いと覚悟はしていましたが、じつにマジで寒い!

寒さに耐えるのが好きでしたが、年を重ねると・・・。無理をしない快感、快適に馴染んできました。引きこもり状態で繰り返されるお茶時間。

こんなにゆったりした時間が持てるなんて、「やったね」気分。

「江戸っ子のたしなみ」という本に書いてあるような生活は今更できるわけはないけれど、現代に生きている人たちは何に急かされているのでしょうか?

ずっと前から気になっているのは、子どもたちが創造的な遊びをしないことです。

それに塾通い。何を目指しているのかな?補導対象の時刻になるまで街中にいるのはいただけませんね。

 

 

 

 

2020年2月 3日 (月)

般若心経読誦の法会

立春の前日は、節分。一年の暦の上でとても大切な日。

新しい季節を迎える行事として追儺豆撒きが行われます。近頃は恵方巻とかがやたら目立っていますが、ちょっと違う気がします。

節分の日に行われる法会に、般若心経の読誦があります。本堂に集まった参加者が般若心経を何度も(10遍以上)唱和します。途中福男福女による豆撒きがあって善男善女に向けて「福はうちー」。

そのあと、広間でお粥さんの接待があります。お堂で冷えたからだをじっくり暖めてくれて美味しくいただきました。

食前観と食後観で感謝の言葉を唱和しました。

今目の前にしている食は、衆生の恩恵によるものであって味の濃淡とか問わないこと。品の多少をえらばないこと。

いつもより清々しい気持ちでお粥を3杯いただきました。 「ごちそうさまでした」

 

 

2020年2月 2日 (日)

未明の電話

コール音が3度ほど鳴って切れた電話。何時かしらと枕元の時計を見れば3時。間違い電話にしても変な時間。

またひと眠りと寝ようとしても目が覚めてしまいました。

080で始まる番号が着信履歴に残っていましたが、絶対こちらからかけなおすことはしません。今は何かと便利でして、番号検索にかけたら電気料金の美味しい話をする番号とのこと。

それにしても未明3時の電話をすること自体、常識疑いますね。

で、今日はいつもに増して昼下がりの眠気が半端ない。

明日は節分、冬と春の境目。ちょっぴりほっとします。

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »