最近のトラックバック

« 職人さんの仕事 | トップページ | やぐらねぎ »

エゴノキ

山野に生える落葉高木。大きいものは15メートルにもなり、樹皮は滑らかで暗紫褐色を帯びる。5~6月に、直径3センチほどの白い花を下向きにつける。びっしり咲くので遠目にも白が目立つ。別名ちさ(知佐)。

圧巻は、エゴノキの真下が真っ白になる落花。星型の花が狭い範囲に敷き詰められた場所に遭遇すると、上を見上げてしまいます。そこには、まだ下を向いた花がいっぱいこちらを見ています。

花の美しさからは想像もつかないけれど、実は潰して魚を採るのに利用したという毒を持っています。

« 職人さんの仕事 | トップページ | やぐらねぎ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 職人さんの仕事 | トップページ | やぐらねぎ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ