最近のトラックバック

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

あお蜜柑

待っていたあお蜜柑の季節になりました。古くは子どもの頃の運動会が思い出されます。

今では想像できませんが、昔の子どもは運動会で走る度に景品の鉛筆やノートを貰いました。万年3等賞の私はノートは貰えなくていつも鉛筆一本。

それとあお蜜柑。あの酸っぱさが、蜜柑本来の味と思っているので甘い蜜柑は・・・ふつうです。ふつうと言ってもひとの3倍~4倍はいただいてますが・・10個入りなら夫が2個で私が8個かな?

子どもの頃、緑のことを「あお」と表現するのに可なり抵抗があったのですが年を重ねて「あお」も有りだなぁと思えるようになりました。成長ですかね。あお蜜柑大好き!

ハーブの寄せ植え

畑の野菜は、何故かあまり大きくならない。キュウリなどは片手に数えられる程度。ミニトマトは水やりの途中のつまみ食いでおしまい。ズッキーニはちっとも太らない。オクラは、小指くらいが数本。モロヘイヤは、ずんずん伸びて私の背丈を超えた。セロリは、ほとんど購入時のままの大きさ。

てなわけで、今度はコンテナ栽培に挑戦。至れり尽くせりの準備が整った講座に行ってきました。

参加者がしたのは・・・コンテナに、ハチ底用の土、肥料、培養土を入れて苗を入れるだけ。

大きな袋に入れて持ち帰り。

テーマが、サラダ向きのハーブということでした。イタリアンパセリ・チャイブ・ロケット・コリアンダーの5種。今朝のサラダに早速イタリアンパセリを使いました。収穫から1分以内の新鮮野菜。

当分の間、楽しむことができそう!

モーツァルト 交響曲第1番 変ホ長調 K.16

モーツァルト(1756~1791)が、8歳の時に作曲したという曲。聴いていてというかK番号16から若い頃の作品だろうなぁと思いながらも8歳とは驚きました。第2楽章には晩年の交響曲第41番ハ長調K551『ジュピター』に繋がっている音形がすでに使われているとか‥びっくりです。

また、左手のピアニストとして活躍されている舘野泉さんのピアノも聴きました。ラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲ニ長調です。作曲された背景を考えると戦争のイメージが強く、まさに今の日本の憂いが重なってくるようでした。

演奏後の拍手が鳴りやまず、何度も何度も舞台の袖から呼び出してしまいました。

演奏会の帰りには、背筋が伸びる気分でした。さわやかな秋の風に包まれて至福の時でした。

カラスの日

9月に入って、あっという間に6日も過ぎていました。

9月は防災を意識する月ですが、台風21号の猛威、未明に北海道を襲った地震とたてつづけに災害が起きています。気象庁は、早くから台風への警戒を呼び掛けていました。しかし、地震への対応は難しいです。緊急地震速報によって数秒前には感知できますが、数秒の間にできることは限られます。

さて、9月6日はカラスの日です。

英語のCROWもクロ。羽の色もクロから96を連想したようです。賢い鳥ですが人気が今一つ。何故なんでしょうね?

京都の烏丸通りは、何故カラスという字を使うのかちょっと気になります。

一説には・・・・河原の洲からカワラノス⇒カラス うーん、分かんない?

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ