« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

悲願達成

21年前・・・「とある大学」と「某大学」とで、サッカーの関東リーグ参入決定戦が行われていました。昭和62年のことです。

東京都サッカーリーグは、1部から4部Bまであって約50のチームがひしめいています。その中で、1部の上位4校と他地域の4校が「関東大会」に出場します。そこで4校でのリーグ戦を行い上位2校が決定戦をします。

そこで、勝てば・・・・来期から関東リーグに参入です。

長~い道のりでした。050

054 延長戦が終わったころには、日が傾き始め「選手へのねぎらい・祝福」をしているうちに、日はとっぷりと暮れていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エッコロの森    

11月22日、関係ないけれど”いい夫婦”の日らしい。確かに天気はいい日でした。雲ひとつない快晴。空の青さにこころ踊ります。

朝8時前に家を出て、現場(皆野町奈良尾地区)に着いたのが10時50分。近くて遠いところです。9月の「東北ジャズの旅」で、ほぼ同じ時間に出て盛岡に10時53分に着きました。

014

現場で農林公社の方から、枝うちの注意事項を伺ってから山に入りました。

018

「これぞ!」と思う木を決め手の届く範囲の枝を切り落とします。ヒノキ一本あたり10本から15本の枝うちをしました。一斉に枝うちを始めたら、だんだん森が明るくなってきました。結果がすぐ現れるのでうれしくなってきました。「なんだか楽しいね」「すっごく面白い」「はまっちゃいそう」「時間延長したい」・・・次々上がる参加者の声。

023

枝うち続行グループを現場に残して「エッコロの森」を見に行きました。大きいのは2メートルを超えていました。枯れているのは見かけませんでした。広葉樹(カエデ・サクラ・カキなど)は葉がすっかり落ちていましたが、公社の方から「新芽が膨らみ始めている」と教えていただきました。

さらに場所を「星ふる里」に移して、遅くなった昼食をとりました。エッコロ推進メンバーが作ってくれた「豚汁」と「さつまいものスィーツ」と持参のおむすびです。

037

ここが「星ふる里」天井が高くて気持ちがいいです。囲炉裏もあってロフトもあってテラスも庭も広いです。遠くの借景もなかなかいけてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

岩槻の大豆畑 参加者募集!

***大豆の取り入れ&脱穀をします。***

*日時:11月22日(土)23日(日) 両日とも8時30分~

*集合場所:遠藤さん宅(詳しくは、本部にお問合わせ下さい)

*持ち物:頭に被るもの、マスク、飲み物

参加される方はほとんどの方が「いもの会」会員さんですが、「生活クラブです」と堂々と名乗ってくださいませ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英国のGM事情 vs 中国のGM事情

<バイオジャーナル11月号より一部抜粋しました>

すでにGMフリーを宣言しているスコットランド、ウェールズの2政府の呼びかけに応えて、北アイルランドとアイルランド政府がGMOフリーを宣言することが確実となった。

アイルランドは全体がGMOフリーとなり、英国ではイングランドだけが宣言していないことになる。

昨年中国ではGM作物が380万ha栽培され、GM綿に続いてGMパパイアが3500ha、GMポプラが25万本も栽培された。  その他にもペチュニア甘唐辛が栽培されるなどGM作物の研究開発、栽培が活発になってきている。

GM作物大国にまっしぐら?

国民性なのでしょうか、対応が全く反対の二つの国。日本はどうする?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イネもそれにナスまでもが・・・・

インドでGMイネの試験栽培が、周辺の農家の畑との間に隔離距離をもうけないまま行われてしまった。試験を行ったのはモンサント社の現地法人マヒコ社。

またまたインドでは来年、GMナスが商品化されそうである。このGMナスは殺虫性(Bt)ナスらしい。このナスは、インド初のGM食用作物になる。

インドにお出かけの際は、くれぐれもご用心。

<バイオジャーナル11月号より抜粋しました>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クローズアップ現代

11月19日のクローズアップ現代のテーマが遺伝子組み換え作物で、平田産業がとりあげられるそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

埼玉の農業

県別の自給率にどのような意味があるかは、定かではありませんが・・・。実態を知っておくのも大事なことです。

さて、ここで問題です!埼玉県のカロリーベースでの自給率はどのくらいでしょう?「低いだろうなぁ」と思っていましたが、驚きました。なんと11%。47都道府県で下から4番目です。

で、埼玉県はどの方向にいくのか心配になりました。

「農業保護」とは言えない国策に「右に倣え」状態。気がついたら食料がない・・なんてことになる前に、県のHPを開いてメッセージ送りましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ライフプラン講座 ”セカンドライフ” 11.5

年金についてどれだけ知っているのだろう・・・と自問自答して愕然。苦手な分野はたくさんあるけれど、全く分かっていませんでした。

全く知らないことは、自分で調べてみるのも躊躇してしまいます。だからなおさら空白のままなのです。ライフプラン講座に参加して、お勧め本も教えてもらいました。早速取り寄せて読んでみるつもりです。

生活クラブFPの会の冊子は、とてもよくまとめてあります。講師の方に直接、質問もできますし、ライフプラン講座の”セカンドライフ”はとくにお勧めです。(LP講座の回し者見たいネ・・・はいっ、そうなんです)

5人集まれば、講師の方が来てくれます。

「年金についてある程度は知ってるよ」と思える方以外は、是非講座に参加してみてください。

今なら、3つの講座に参加すると・・・・丈夫な?バッグが頂けます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大豆ご飯

大豆ご飯
熊谷の畑で拾ってきた大豆。朝から玄米と一緒に水に浸して夕刻炊きました。イケてます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さいたま市消費生活展  11.1

さいたま新都心駅の改札前コンコースで、「さいたま市消費生活展」が開かれました。

生活クラブのブースは、「せっけん」「遺伝子組換え」「六ケ所」・・・と盛りだくさん。せっけんでの『換気扇洗い』は何度見ても驚きです。

ブースは、さいたま市連絡協議会のメンバーにすっかりお任せでした。イカの着ぐるみを着て、ワカメをまとったパクちゃんと署名集めをしました。二人なら「へっちゃら~」でしたが、忙しいパクちゃんは次の現場?に・・・・・。

うなだれイカくんが、パクちゃんを見送ったあと何とはなしに改札を眺めていたら・・・。

じゃ~ん、ひさごんK山ちゃんがこちらに向かって歩いてきました。

そのうちに、われらが歌姫HAOWちゃんも合流。存在感絶大なる○高さん。イカくんは猫の手ちゃん代わってもらいました。ノリノリでやっていたら・・・「もう少し控え目に・・」とか「音がうるさいっていわれてますから・・」とか「署名はもうそろそろ・・」とか曖昧な要望が次々来ました。

語尾につけるべき命令形がないの!おもわず「もうそろそろ・・・」って「 何ですか?」って聞きたくなりました。日本人長くやってると変なところで妥協してしまいます。

「あれだからさっ」「そこんとこ」「例のようにね」「あ~だもんね」・・・・

ワタシ ニホンゴ ワカリマセン!

あれこれあったけれど署名70筆集まりました。みなさんお疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[新しい地域福祉」討論集会   10.30

生活クラブが創る新しい地域福祉の目指すもの

エッコロ制度の組合員どうしのたすけあいが地域のたすけあいへと広がっていくことを目指します。高齢になっても、病気になっても、障害があっても、小さな子を抱えていても・・・。

誰もが安心して住みつづけられる暮しやすいまち…そんなまちに住みたいから。私たちは「組合員どうしのたすけあい」からスタートして「地域にたすけあいのしくみをつくる」ことにチャレンジします。多くの組合員の力で実現するために組合員討議を行います。

上記の呼びかけで、各ブロックごとに討論集会を開きました。参加者が少なかったのですが、具体的な提案や意見を伺うことができました。

今後は「別法人設立準備委員会」が実行計画第2次案を作成します。

<今後のスケジュール>

3月中旬~4月初旬:第2次案の討議

4~5月:理事会 第3次案作成

6月18日:総代会

他人事ではなく、「地域福祉の実現」は「自分のこと」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

熊谷の大豆   弾けてます!

10月29日 韓国のメデアスタッフが熊谷大豆畑に取材に来ました。

生活クラブが取り組んでいる「大豆一粒運動」、大豆一粒運動に賛同してくださった「生産者の気持ち」など熱心に尋ねられました。

生産者のNさんご夫妻は、大豆畑で取材を受けました。大豆は弾けてこぼれてしまったのが、たくさんありました。気になって「落ち穂拾い」の如く「落ち豆拾い」をしました。

008 落ちた豆が美味しい・・らしい

006 大豆畑にある「看板」・・かなり目を引いて、近所の方が気にするんですって。

冷たい風が吹いてきたので、場所を「さくら」に移して取材を続けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »