« おそろい | トップページ | 放映案内 »

自覚的消費者

6月7日(土)中浦和で、連合会会長の加藤さんをお招きしての学習会がありました。

『第5次中期計画作成のための学習会』と硬いテーマでしたが、会長の話は分かり易くて「伝えたい、話したい」ことがたくさんありました。

その一つが、「自覚的消費者」です。漢字からある程度類推できますが、定義もばっちりしてありました。・・・・・「商品を買うという行為の背景に、どのような社会構造があって、どのような政治的な思想というものがあるかを考え、そしていま何が必要なのかがわかる」様な消費者のこと。(内橋克人氏)

例えば量販店の店頭に並ぶ商品としての食品が、なぜそのような価格であるのかを問う判断力を持つ・・・・自覚していなくてもみなさん自覚的消費者ですけどね。

ブッシュの演説

「食糧自給は国家安全保障の問題であり、それが常に保証されている米国はありがたい。食糧自給できない国を想像できるか?それは国際的圧力と危険にさらされてる国だ」

食糧自給率が上がったとしても、アメリカが「原種」を押さえているのが現実。アメリカから「種」を買わない限り作物ができないのです。F1種は実ができても種ができないようになっているのです。これがアメリカの「種」の国家戦略!

|

« おそろい | トップページ | 放映案内 »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

ブッシュの演説がニュースの中で流されていました。
「圧力にさらされている国は日本です。」と
思わず合いの手を入れたくなりました。

グローバルの名の下に、利益は一極集中。
富むものは、いよいよ富。
貧しきものは、完膚なきなきまでに貧す。

希望はありますか?
細々と守られてきた在来種を復活させ、
自前の種を育む。
その時間を私たちは持てますか?

投稿: 姫 | 2008年6月10日 (火) 17時47分

言動が信じられなくて、わたしの頑強なアゴさえ外れそうな人に出会うと・・・
「この人は、どんな育てられ方をしたんだろう」とか
「この人の母は、嘆いているのではないか?」とか
「どんな時間を過ごしてきたのだろうか」なんて
じっくり、話してみたい衝動にかられます。

まずは、ブッシュ君かなぁ。

自分たちだけが勝ち組のつもりだろうけれど、みんなつながっているんだぞ。

姫さま、希望はありまする。
諦めないことが肝心です。

投稿: かずたん | 2008年6月10日 (火) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418627/21508066

この記事へのトラックバック一覧です: 自覚的消費者:

« おそろい | トップページ | 放映案内 »