« 自覚的消費者 | トップページ | 「モンサントの世界戦略」 日本初のテレビ放送 »

放映案内

6月14日(土)NHKBS1  [モンサント社7つの大罪」放送予定

悪名高きモンサント社については、フランスのジャーナリスト、マリー・モニック・ロバンが、ラウンドアップや遺伝子組換え大豆の危険性、いかにそれを政府・行政との癒着によって隠蔽してきたか、そしてPCBや枯葉剤製造という悪魔の歴史について、3年をかけて綿密に調査し告発しています。

<シリーズ 地球は訴える ~大地~>

アグリビジネスの巨人 ”モンサント”の世界戦略  午後7:10~9:00

フランス政府が遺伝子組換え作物を禁止する検討を始めるなか、世界最大のシェアを誇るアメリカ・モンサント社の歩みを、企業側の説明と批判的な科学者の声を両論併記しながら検証したドキュメンタリー。

前編は、米食品医薬品局FDAが栽培植物の遺伝子組換えを認可したプロセスを調べていく。

後編では、同社が世界各地で自社の遺伝子組換え種子を販売することで、たとえばトウモロコシの減産国メキシコで地元農民が育ててきた原種に近い品種が絶滅の危機に直面するなど、各国の農業や食文化に多様性が失われつつある現状を描いていく。

|

« 自覚的消費者 | トップページ | 「モンサントの世界戦略」 日本初のテレビ放送 »

遺伝子組換え」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418627/21508123

この記事へのトラックバック一覧です: 放映案内:

« 自覚的消費者 | トップページ | 「モンサントの世界戦略」 日本初のテレビ放送 »