« せっけんセミナー | トップページ | 六ヶ所村・・・・・委員会 »

アフリカの太陽

埼玉市民劇場の例会で『アフリカの太陽』を観ました。

市民劇場では、「観たい!」と思わなくても例会で順々に観て行きます。これをよしとするか、芝居は「観たいものだけ観る」とこだわる人も多いと思います。

かつて蜷川氏のシェークスピアシリーズの追っかけをしていた時、作品よりも「蜷川氏」で見ていたような気がします。市民劇場で観る芝居は、作品も演出家も俳優もよく知らないで観ることがしばしば。それでも結構おもしろい。

今回の「アフリカの太陽」は、出てくる人たちが世間とのパイプを失った中年男達。アルコール依存症や薬物依存症から抜け出そうと、共同生活をしています。依存症でなくても誰もがもっているどうしようもない哀しさが伝わってきました。哀しいことはたくさんあるけれど、でも生きているんだなぁ。楽しいこともたくさんあるし・・・。

劇中劇『葉っぱのフレディ』は、哀しくも笑えました。カーテンのように吊るした布で木の幹を表現していたのは、「使える!」と思いました。

市民劇場の会員数が漸減しています。興味のある方入会考えてみませんか?

|

« せっけんセミナー | トップページ | 六ヶ所村・・・・・委員会 »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418627/9259127

この記事へのトラックバック一覧です: アフリカの太陽:

« せっけんセミナー | トップページ | 六ヶ所村・・・・・委員会 »