« 岩槻の大豆近況 | トップページ | ちらし効果絶大! »

裁判の傍聴

刑事裁判の傍聴には学生の頃行ったことがありました。世間を騒がせた凶悪な犯人が、被告人席にいたのでドキドキしながら聞いていたのを覚えています。「目があったらどうしよう」程度の感覚でした。

過激な行動が報道されていましたが、本人は予想以上に小さく穏やかな雰囲気の人でした。あれほどまでの異常な犯罪を何故犯してしまったか?本人でさえ分らないと思います。 (連合赤軍による大量リンチ殺人)

今回、傍聴したのは「八ッ場ダム」民事裁判。埼玉地裁の105法廷。入り口に係りの人がいただけで何の手続きもせず中に入ることが出来ました。そ~っと入っていくと、見知ったお顔が数人。

裁判長がやけにトーンを落とした囁くような声で、何か言っていました。耳をすませてよく聞いてみると、「原告」「被告」と日程調整をしていたのでした。分らないまま聞いていると「では、これで閉廷します」で全員が立ち上がりました。ものの15分くらいでした。

そのあとで、弁護士さんから詳しい説明を受けて、やっと納得しました。

55年も続いている八ッ場ダム問題。川原湯温泉はすっかり寂れてしまいました。川原湯が消えてしまいます。

川原湯は、変朽安山岩(プロピライト)を、初めて観察した懐かしい場所。プロピライトも現在は岩石名として使われなくなりました。川原湯温泉とともに消えてしまうのです。よよっ。

プロピライト:炭酸ガスを含む溶液の作用で変質した安山岩。

|

« 岩槻の大豆近況 | トップページ | ちらし効果絶大! »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418627/9064420

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判の傍聴:

« 岩槻の大豆近況 | トップページ | ちらし効果絶大! »