« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

かたづけられない女

かたづけられない女

珍しく予定が入っていない一日。

朝から"♪~" B'zをかけながら「片付けなくちゃ」の気合を入れました。「先ずは、新聞ストッカーだなぁ」と古新聞を整えていたら、気になる記事がわんさかわんさか出てきました。

読み始めたら時間がどんどこ過ぎていきます。仕方がないから切り始めました。

そしたら・・・生活クラブの申込み週だったことに気がついて、一時中断。

机の上が前より散らかっちゃった。どうしよう~。あ~それから原稿の締め切りが・・・・。

床の上に物を置かない生活を目指してはいるんですが、うまく行かないもんです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

プルサーマル再開準備

プルサーマル再開準備

高浜原発 関電、地元了解なら

関西電力の森詳介社長は26日の記者会見で、凍結していた高浜原発(福井県高浜町)3,4号機でのプルサーマル計画について、「準備作業を進めたい」と述べ、福井県議会12月定例会で了解を得たうえで、年明けにも再開へ向け本格的な作業に入る方針を示した。

高浜原発でのプルサーマル計画は、04年8月に11人の死傷者を出した美浜原発(福井県美浜町)3号機の事故以降、3年以上、中断している。準備再開についても森社長はこれまで、「スケジュールは考えていない」と強調してきたが、地元側に安全性の説明などを繰り返してきたことで、県議会で了承がとれる見通しがたったとみている。

12月に地元の了解が得られれば、早ければ来夏までに、ウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料の調達先である仏メロックス社と正式契約する見通しだ。

国は10年度までに全国の原発16~18基でプルサーマルを実施する方針。森社長は10年度までの計画実施について、「間に合うかどうかは申しあげられない」と述べたが、運転開始には燃料の契約を終えてから3年程度かかると言われ、難しい状況だ。

プルサーマル計画はこれまでに、九州電力が玄海原発(佐賀県)3号機、四国電力が伊方原発(愛媛県)3号機で国の承認と地元了解を得て、燃料を発注している。<朝日新聞朝刊2007・11・27>

コメントいただいて、こっちの記事もアップしました。

大阪読売新聞には、さらに分り易く出ていました。↓

関西電力の森詳介社長は26日の定例記者会見で、2004年8月に発生した美浜原発3号機(福井県美浜町)配管破損事故で凍結された高浜原発3、4号機(同高浜町)でのプルサーマル計画について、「再開できるかどうか検討したい」と述べ、凍結解除の準備に入る方針を表明した。

地元自治体の意向などを踏まえた上で、08年春にも燃料発注などの計画再開に踏み切り、10年度中の運転開始を目指すものとみられる。

 プルサーマルは、使用済み核燃料の再処理施設でプルトニウムを取り出して、プルサーマル発電用のウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料に加工、原子炉で再び使用するものだ。

美浜事故後、関電は「再開時期を申し上げる段階にない」との見解を繰り返してきたが、森社長は「来年2月、青森県六ヶ所村に日本原燃の核燃料再処理工場が完成することもあり、プルサーマル(計画の遂行)は必要だ」と説明した。

 関電は今後、12月に開かれる福井県議会での議論も見極めつつ、MOX燃料を製造する仏メロックス社と協議し、調達可能な時期などを確認する方針だ。

電気事業連合会はプルサーマルについて「10年度までに国内の原発16~18基で実施」との計画を打ち出しており、四国電力や九州電力がすでに実施を決めている。

 関電は当初、1999年の運転開始を予定していたが、MOX燃料を発注した英国企業が、検査データを改ざんしていたことが発覚。その後、発注先をメロックス社に変更し、04年3月に地元の了承を取り付けたものの、同年8月の美浜原発事故でMOX燃料の発注手続きを中断していた。

(2007年11月27日  読売新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お~~~、怖いっ。またです。

高放射性廃棄物固化装置が故障 六ヶ所村再処理工場

青森県六ヶ所村の使用済み核燃料再処理工場で、放射性レベルが極めて高い廃棄物のガラス固化体を製造する装置が故障したと、工場を運営する日本原燃(本社・六ヶ所村)が26日発表した。

ガラス固化体の製造は今月5日に始まり、製造工程での故障が明らかとなったのは初めて。同社によると、故障が見つかったのは放射性の高い廃液をガラスと混ぜて容器に入れ、ふたを溶接する工程

製造直後のガラス固化体は、すぐ近くに約20秒間立っていれば、100%の人が死に至るとされるほど、強い放射線を出す。<2007年11月27日朝日新聞朝刊>

気になる記事を切り抜いてファイルすると、忘れてしまいそうなのでブログにアップしました。

ハインリッヒの法則でしたっけ?重大事故の後ろには29の軽微な事故と300の「ひやり」事故が隠れているって。六ヶ所での軽微な事故をカウントしていけばそろそろ20個越えているんでないかい?ちょっとした「ひやり」は、どんだけ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

街頭署名  大宮駅前編

大宮駅前東口で「六ヶ所村再処理工場本稼動に反対する」署名活動をしました。「あのきぐるみは誰が着るのかな?」と思っていたら定刻に着いた時には既に事務局のK氏が着ていました。「まっ、いいか」です。

きぐるみちゃんは、ニコニコしていなくちゃいけないから・・・結構疲れると思います。それを知ってか知らずか「怖い顔しちゃダメだよ」と再三イナバウワーさんに言われてました。

大宮の街は、何だかせわしない空気が流れていました。声をかけての反応パターンはいくつかあって、「この人なんて言うかしら?」と想定しながらの余裕もありました。

反応パターン

1:無視(あれ、あたし透明人間なのかな)

2:チラ見(日本人そっくりの異邦人なのね)

3:から返事(はい、はいと聞き流しているだけ)

4:小島よしお(「そんなの関係ねぇ」とはっきり答える)

5:チラシを読んで立ち止まる(話を聞いて立ち去る か 署名する)

6:反論好き(こちらの話も聞くが毅然とした態度で反論)

7:質問タイプ(だいたい署名してくれました)

街中を忙しそうに歩いている人がとてもたくさんいました。でも、再処理工場で大きな事故があったらこんな風景は一変してしまいます。知らせないで済ませようとする国家と知らないままでいいと言う国民・・・どっちもどっちです。

お茶の時間に「生活クラブ」らしさって何?で盛り上がりました。詳しくは、後日。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

生活倶楽部の合成洗剤

生活倶楽部
合成洗剤がきてしまいました。なんとパッケージに「生活倶楽部」の文字が・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

晩秋の午後

晩秋の午後
晩秋の午後建物の中に入って、目を引く巨大な跳び箱。かつての跳び箱大好き少女をも圧倒。
晩秋の午後代々木公園の脇を通り抜け、信号を渡って少し歩いた所。昨秋来た時には路上ミュージシャンがたくさんいたのに、今日はあまりいませんでした。

鍛え上げられた人間の美しさ。極限に挑戦する者への賛歌・・・・。興奮のせいか外に出ても、寒さが感じられませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松代大本営跡&無言館

南浦和駅西口階段下に7時50分集合し、まるひろ前に移動して8時に出発。いよいよ「平和委員会」企画の平和ツアーの始まりです。

F理事の添乗員さながらの流暢な挨拶と参加者の自己紹介。平和への思いや組合員歴などを交えての軽快なトーク。みなさんピン芸人になれそうです。

外環から関越に乗りさらに上信越自動車道を使って最初の目的地の松代に11時に到着しました。途中で休んだ横川SAでは、雪が舞っていました。わ~い初雪だぁ!

上州路に入って赤城・榛名・小野子・子持・妙義・・・懐かしい山、山、山が目に飛び込んできました。おーっ、見えてきました。お久しぶりです。

松代大本営跡では、案内の方が詳しい説明をしてくれました。現代史をきちんと学ばなかったツケでしょうか。話を聞いているうちに、驚き・怒り・切なさ・悲しさ・不甲斐なさ・・・いろんな感情が錯綜してきました。当時の軍人が狂気の沙汰とはいえ、取り返しのつかない蛮行を繰り返していたという事実。戦後処理も出来ないままもう60年が経ってしまいました。

無言館に3時少し前に到着。高台にある無言館へは、林の中の坂道を登っていきます。ここでの鑑賞にはゆっくり2時間かけました。若くして戦死した画学生。召集が決まってから筆を取って完成させた絵や完成させようとした絵がたくさんありました。「続きは帰ってから描く」と約束して戦地に向かった青年。作品とともに遺品も展示されていました。

戦争は、すべてを奪い去ってしまうものです。

無言館を出る頃には、日も落ちかけて辺りは暮れなずんでいました。世間から隔絶された感のある静寂の中に建っている無言館。

「来てよかった」と何度も振り返って見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちらし効果絶大!

自然豊かな信州の森。そこに静かに残る戦争の記録・・・・。戦後60年余の不戦の時を経た今、戦争の歴史と記憶が曖昧に扱われようとしています。沖縄では、軍の強制による「集団自決」に記述が教科書から削除される問題について、沖縄県民から怒りの抗議が大きく湧き上がり、福田政権下の文科省を衝き動かしています。歴史を学ぶことは、未来をつくる上で欠かせない大切なことです。今回、解説付きのバスツアーを企画しました。晩秋の信州で、平和について考えてみませんか? (平和委員会のちらしより)

チラシが配布されてすぐに申し込みました。

カット入りのチラシの訴える力が素晴らしい!万障繰り合わせてでも(笑)参加したいと思いました。幸いなことに、11・22(いい夫婦の日)は、終日空いておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裁判の傍聴

刑事裁判の傍聴には学生の頃行ったことがありました。世間を騒がせた凶悪な犯人が、被告人席にいたのでドキドキしながら聞いていたのを覚えています。「目があったらどうしよう」程度の感覚でした。

過激な行動が報道されていましたが、本人は予想以上に小さく穏やかな雰囲気の人でした。あれほどまでの異常な犯罪を何故犯してしまったか?本人でさえ分らないと思います。 (連合赤軍による大量リンチ殺人)

今回、傍聴したのは「八ッ場ダム」民事裁判。埼玉地裁の105法廷。入り口に係りの人がいただけで何の手続きもせず中に入ることが出来ました。そ~っと入っていくと、見知ったお顔が数人。

裁判長がやけにトーンを落とした囁くような声で、何か言っていました。耳をすませてよく聞いてみると、「原告」「被告」と日程調整をしていたのでした。分らないまま聞いていると「では、これで閉廷します」で全員が立ち上がりました。ものの15分くらいでした。

そのあとで、弁護士さんから詳しい説明を受けて、やっと納得しました。

55年も続いている八ッ場ダム問題。川原湯温泉はすっかり寂れてしまいました。川原湯が消えてしまいます。

川原湯は、変朽安山岩(プロピライト)を、初めて観察した懐かしい場所。プロピライトも現在は岩石名として使われなくなりました。川原湯温泉とともに消えてしまうのです。よよっ。

プロピライト:炭酸ガスを含む溶液の作用で変質した安山岩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩槻の大豆近況

<報告>11月18日(日)に『茶まめ大豆』の収穫が無事終わりました。生活クラブ組合員が4名参加してくれました。脱穀が済み今は遠藤さんの家で乾燥機にかけられています。収穫量は例年並でした。異常気象の続く昨今ですが、収穫には影響がなかったようです。ほっといたしました。

遠藤さんが、大切に育ててくださったからでしょう。感謝、感謝です。

『茶まめ大豆』は近いうちにJA久喜に運び、ランク決めを受けます。どんなランクになるか楽しみです。

<募集>『黒豆大豆』の収穫作業があります。ご都合のつく方は是非参加してください。空澄み切った初冬の一日、すがすがしい汗を流してみませんか?

日時:11月23日(祝) 8時30分 遠藤さん宅集合

*遠藤さん宅の分らない人は、本部組織課にお問合わせ下さい。

*作業には、軍手・マスク・水筒は必需品です。(マスクをしないと、鼻の中が真っ黒に・・)

今回のおみやげ情報:EMぼかしで育てた『獲れたて新鮮野菜』 内容に変更がある場合もあります)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エコライフのつどい

赤羽駅埼京線ホームで待ち合わせをして、グリーンクラブ一行は新宿を目指しました。 

会場には1時間以上前についたので、HAOWちゃんの音出しや歌子さんのマイクテストと紙芝居演台作りもゆっくり出来ました。余裕を持っての行動はゆとりがでます。

オープニングの20分間♪「もったいない」紙芝居「返してよ。Rびん」を披露しました。♪「もったいない」は最初から手拍子が出て嬉しくなってしまいました。

紙芝居では、演出家のHAOW先生に言われて急遽「遠山のびんさん」の部分だけ乱入してやることになりました。拍子木を自分で打ちながらの登場です。

ちょん、ちょっ、ちょっ、ちょっ、ちょっ、ちょ~ん。

「この肩に彫ったRマークが目に入らぬか?おのおのがたRびんを返してくれ~っ」のりのりでやってしまいました。

歌子さんも今までの数多い上演の中でも秀逸でした。とても楽しそうに演じていました。

講演には、戸部商事の戸部さんがRびんについて詳しく話してくれました。「さっきの紙芝居と同じ話ですが・・」と繋げていってくれました。

聞いてくださった方の暖かさをここでも充分に感じました。 みなさんに感謝です。謝謝。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

わねっせまつり

川口ブロックのおまつり。地域協議会が中心になって企画してくれました。ワーカーズ・ネット・生活クラブや地域に根を張る?いくつかの団体が一同に会しました。 横のつながりも大事ですから、こういう機会を待っていました。

今回、試食がメインになっていたようで、組合員同士の交流があまり出来なかったようです。でも、聞いていないようで聞いているし見ていないようできちんと見ているのが組合員のえらいところ。とても有意義なおまつりでした。

各支部自慢の料理には、みなさん感激しながら楽しんでいました。30分過ぎた頃には、料理もほとんどなくなっていました。

浦和東⇒トライフル 川口支部⇒はらこめし・ローストビーフ 蕨支部⇒豚しゃぶ・野菜料理 浦和西支部⇒ホワイトソースのスパゲッティ・鳥まるたいガーリックスパイス 戸田支部⇒牛のたたき・カッテージチーズ 消費委員会⇒万能つゆ ・そうめん

六ヶ所署名もひとりひとりに声かけをして、「まだ書いてない」といった方には全員書いていただきました。1時間位で25筆。話も聞いてくれてエールまでいただきました。

♪「もったいない」と紙芝居上演 HAOWちゃんの♪紙芝居が始まるよ~の歌声に拍子木打ち鳴らし踊りだしてしまいました。こののりやすさは、神様からいただいた天性なり、大事にしよ~っと。

予定時間より一時間近く早く終わったので、B室が急遽「歌声喫茶」に変身。美しい歌声の元を求めて、わざわざ覗いてくださる人も何人かいました。拍手もいただきました。

この歌聴くと泣けてきちゃう「あの歌」もみんなに歌ってもらいました。もうこころの中で号泣。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ストップ!遺伝子組み換え作物拡大

正確には・・

ストップ!遺伝子組み換え作物拡大 緊急集会 ~私たちの食べる権利を奪うな~

緊急集会が星陵会館のホールで開かれました。2007・11・17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熾烈な戦い

熾烈な戦い
代表入りを目指して、厳しい状況に立たされる選手たち。
本サッカーチームのオーナーは、「体格差はあるものの、各自のスキルは確実にアップしている」と語った。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

緊急:岩槻の畑大豆の取り入れ

岩槻の畑の大豆が取り入れの時期を迎えました。

作業日程は以下の通りです。

*11月18日(日)午前8時30分

*遠藤さん宅集合

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カエルのパン屋さん

カエルのパン屋さん

「ちょ~、いい加減じゃない」と末娘に指摘されながらも、「いいのいいの」で出来ちゃいます。

頭の中にばっちり入っているんだから・・・強力粉袋半分・全粒粉小麦粉ちょっと・ざらめさ~っと・スキムミルクドバ~ッ・バター2センチ・ドライイーストさらさらちょん・水2カップ・・・こんな感じでいいんさぁ~(沖縄のおばあも言ってる)

で、お味のほうは・・・・・もちろん、いけてますよ。

13日にあった『GMいらない委員会』でコーヒーの準備をしていたら、戸田のH川さんが、「コ-ヒーの量ちょっと、いい加減じゃないですか?」と聞いてきました。「あっはっは~、いいのいいの」とかわす私。

極上コーヒー豆のお陰で、美味しく淹れられました。あっはっは~。セーフ。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

思い立ったが吉日

♪君に会いに行かなくちゃ~

レンタルボックスのくまのピースさんがお引越ししてしまう・・・・カウントダウンが始まっちゃいました。ウルウルッ。 ゆっくり話せないままじゃん、素敵なキャラなのにこれじゃつまんない。

開店日時を確認したら、「今」しかない! 閉店まであと40分だけど、「行け~っ」とチャリに飛び乗りました。(見かけよりずっと安全走行しています。)

暖に「ちぃ~すっ」と入って行ったら、聞きなれない弦の響きがしました。咄嗟に「サズだ」と思いました。くまのピースさんがお師匠さんと練習をしていました。

レンタルボックスには、気になるものがたくさんありました。久々じっくり楽しみました。

プーさんと目が合って早速連れて帰りました。○高さんにたくさんいただいたプーさんがいるので、今ではラグビーチームが作れます。いや、やはりサッカーチームにして先発メンバーを決めたり、監督ごっこもやろうっと。

昨日の暖には次から次にいろんな人が来ておもしろかったです。おいしいお茶を入れていただきました。

思い立ったが吉日!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

保育

子育てをしている途中から「もしかしたら、私、子どもが大好きなのかもしれない・・」と気づきました。3人の子ども達とも乳児期・幼児期には目一杯遊びました。

日中疲れるほど刺激を与えていたので、夜になると「もう、寝させてくれ」と言わんばかりにぐっすり寝てくれました。夜泣きの経験なしです。

「子育て世代活動推進委員会」参加者のお子さんの保育を川口のYさんとしました。1歳児一人と4歳児二人でした。最初は躊躇いがちな子ども達もだんだん慣れてきました。

調子にのって「でんぐりがえり」までしてしまいました。あ~、楽しかった。

さすがに開脚前転・倒立前転・伸膝前転までは、出来ませんでした。あ~、逆立ち歩きがしたい。でもね、気持ちが逸るけれど、身体がついていけないなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

関東大会

子ども達は、誰に似たのか運動能力が学力よりはるかに高く(笑い)、体育会系の母もすっかり抜かされています。ち~っ(悔しがってます)。

私はせいぜい中学時代バスケットで県大会に出たくらい。それも補欠でした(よよっ)。高校時代は文化部だったので試合はなし。大学時代は、玄和会の「全日本選手権」出場。男女別の試合がなかったので、男の子相手に戦いボカボカにやられました。公式戦として関東甲信越大会なるものがありましたが、女子枠がなく出られませんでした。

大きな大会には出たことがありません。「全日本選手権」はタイトルは大きいけれど、誰でも参加できました。

娘は、全国大会2度の経験者。息子が今回初めて関東大会に出ました。一回戦で敗退でしたがいい経験が出来たと思います。

日頃の努力が報われた結果。大きな拍手を送りたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

卓球惨敗記

あ~、負けてしまいました。大負けです。

多くは、語りません。翌日は体中の筋肉が痛くなっていました。使っているつもりでも、これ程までに使わない日々だったんだと痛感。頭も使ってないけれど、身体も似たようなものでした。

大敗したことで、闘争心に火がつきました。(メラッメラッ~メラ~)来年のこの日、リベンジしてやる。接戦もあったけれど、結果落としてしまいました。

以前は、K崎小で「この試合勝ちたいから・・・」とスタメンを外されたこともありました。K中に移って優勝に貢献できた時、とても嬉しかった。あっはっは~。

今回、また悔しいおもいをしています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

青森とイタリアとエジプト

原子力関連の動き

○青森県知事は、フランスの原子力施設の視察に出かけます。⇒何を見てきてくるかしら?

○イタリア 「原子力は危険」 政府見解は変わらず⇒いいぞ!

 イタリアの経済発展省のA・ジャンニ次官はこのほど、イタリア国内で原子力発電の再開を求める声が出ていることに対し、「1987年の国民投票結果は、そうやすやすと覆せるものではない」と指摘「原子力発電は危険である」という従来からの政府見解に、揺るぎはないことを明言した。

○エジプト 原子力発電導入へ 大統領が正式発表⇒何で?

 エジプトのH・ムバラク大統領は10月29日、原子力発電開発プログラムに着手することを正式に発表した。具体的には、「原子力発電導入に向けた上級審議会」を設置し、検討を開始する。なお米国は、即座にエジプトの原子力導入を歓迎するコメントを発表している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

試合再開

卓球・・・・2年に及ぶ中断でした。

現役時代は2日も休むと元に戻すのに数倍かかったけれど、おばさんはすごい。2年も休んでいましたが、「どこかでやっていたの?」と聞かれるくらい元に戻る時間が速かった。

元のレベルがそれなりでしたが、以前と同じ位に戻れてよかった。ほっ。

以前より集中力がつきました。ミスが少なくなった感じ。

市内のPTA対抗の試合に出ます。OG枠があるので今後も呼んでもらえる限り出られます。

動体視力が落ちてきました。

鍛えなくちゃ・・と、動くものを凝視していたら情けないことに、フラフラしました。洗濯機や電動ろくろでも酔えます。(自慢することじゃないよね)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Singin' At Ease vol.5

浦和コミセン(浦和パルコ10F)の音楽室6でHAOWちゃんのコンサートがありました。ここんとこ、追っかけやっているのでHAOWちゃんの歌をよく耳にしていますが、いつ聞いてもいい声です。天性のものなのね。(あたし・・神様から何いただいたのかしら???)

今回は、ゲストもすごい。素敵な仲間達って感じ。揃いも揃ってすごい。類は友を呼ぶのですね。

コンサートの内容は、たぶんパクちゃんが丁寧に書いてくださるので、それ以外の話。

コンサートの準備に大幅に遅れたんですが、甲斐甲斐しく動くみなさんを見ていて、「今回も大成功だ!」って直感しました。 場の空気がねっ、プラスに伝わってきたんです。

さをり織マフラーを何気に身につけてアピールしてくれたH・・売上に貢献してくれました。今度「六ヶ所署名活動」に巻いてきますよ。お楽しみにね。

Rっちゃん・・・いけるかどうか「?」だったけれど、来てくれて飾りつけに大活躍。いるだけで明るくなるね。

Pちゃん・・・コマネズミ? じっとしていない。「何しようか?」と問えば、「仕事は自分で探してね」とのお言葉。ごもっとも。コンサート中はドア係りしていたね。

浜松から駆けつけてくれた作詞家のSさん・・・受付でのセッテング。やることが細やか。

で、私は何をしたかと言うと・・・・なんだっけ。 

 感動した!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

親離れ子離れ 練習中?

戸田のコンパルで『豚肉学習会』が開かれました。託児希望者が9人。若い組合員の参加が多いってことで、嬉しい悲鳴です。急遽託児に借り出されました。

子ども達はそれぞれ個性があって、見ているだけでおもしろいです。学童期に入ると社会性も身についてくるので、平均化されてしまいますが、乳児期~幼児期前半の子ども達は、「そのまんま」なのです。

託児に慣れてくると、お母さんから離れても平気です。初めてのお子さんは、大泣き。大泣きされると、こちらも慣れていないので不安になってしまいます。その気持ちも伝わってか、ますます大泣き。

大泣きしていても、お母さんが抱っこすれば・・・ピタッと泣き止む。これぞ母の醍醐味。

わが家の子ども達は、他所の人に預けても大泣きはしなかったらしいけれど、迎えにいってしがみついてきた時には、こっちが泣けてきました。

親離れも辛いけれど、子離れもまた大変。子ども達も社会人・大学生になりました。そろそろ子離れの時期です。

あ~、子どもと関わっておもしろかったぁ。結構、子どもが好きだったみたい。あっはっは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グリーンクラブ

グリーンクラブ
県民大賞に輝いたグリーンシステム・・浸透してるかしら?

ひとりひとりの意識が頼りです。

一人の100歩より100人それぞれの一歩を願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »