« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

爽やかな青空の下・・・

中浦和経由で向かった先 自転車で5分位でした。ここの二階に用事がありました。

用事はホンの数分で済みました。事務の方がお茶を入れてくださったので、いただきました。こーいうとこのお茶は、美味しくないのが常。でも、美味しかった。

感謝しながら、いただいたからかしら?

建物を出て、守衛さんに会釈をして振り向いたら・・・・こんな景色でした。

思わず叫んだ!

「よっしゃ~ぁ」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

赤福 食べたい!

時折、赤福が食べた~い」なんて思うと・・・、食べられたりする機会が多々あったのに、無期営業停止で叶わぬ夢となりました。

「仕方ないから、御福餅でいいや」と思ったら、同じことをしていました。お客様よりお金儲けなのね。かなしい・・・。

再三裏切られてもまだ、「赤福みたいなのを食べたい」と願っていたら見つけました。今度こそ裏切らないでね。その名は、銀座中条の『大あくび』。

大あくび:は、豆乳で炊いた小豆餡がお餅にのっています。見かけは『赤福』にそっくりです。味は、微妙に違いますね。

浦和東口 パルコB1の専門店で扱っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

六ヶ所村再処理工場本稼動に反対する委員会

六ヶ所村で起きようとしている事に、ちょっとでも関心があれば・・・、暢気に構えてはいられません。善良な国民を騙す輩があまりにも多すぎます。

善良であることって、なに??

国策に逆らわないこと、他人を批判しないこと、長いものには巻かれてしまうこと、分らない話には首を突っ込まないこと、おそろしい現実から眼をそむけて何とかなると楽天的に生きること・・・・・。

みなさんの善良度はどのくらいですか?

考えるように教育された中年以降のおじさん・おばさん。考えないように教育されてしまったにも関わらず、考える素晴らしさを体得している若い世代のみなさん。

今こそ立ち上がる時です。

'マスト'だぜ! (←これ、子どもに教わりました。~ねばならないって軽く促す時に有効)

署名活動していく上で大切なのは・・・・・。

①悲壮感は外にださないこと。

②楽しみながらたくさんの人を巻き込み目的を達成する。

③あきらめない。⇒ちらし持ち帰りの人にも期待できる。

六ヶ所の委員会メンバーと話しているうちに元気充填できました。11月9日(浦和駅東口)・26日(大宮駅東口)の街頭署名を行ないます。

奮って参加してください。両日とも10時30分~11時30分を予定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かけもち

駆け落ちじゃないよ!かけもち。

午前は川口市の朝日環境センター午後は戸田市の環境展に行きました。昨日の雨が嘘のように晴れ上がった青空の下、気持ちのいい一日でした。

川口と戸田で歌姫が♪「もったいない」を歌いました。ふたりでお揃いの「もったいないTシャツ」を着ました。戸田には、私たちに合流したRちゃんが、もったいないTシャツ」とミニスカートで駆けつけてくれました。3人で緑の「もったいないTシャツ」を着ていると目立ちます。

歌姫の歌に反応したのは耳のよい子ども達です。立ち止まって聴いてくれました。大人たちは、ほかの事に気が取られてしまっていました。でも、サビの印象深い♪「もったいない」は、耳に残ったと思います。

いいこと一杯あったけれど、紙芝居用の拍子木モドキをゲットできたこと。パンラッコの美味しいパンを買えたこと。朝日環境センターが好意的だったこと。ミニ盆栽・苔玉屋さんがやさしかったこと。 いい日でした。

謝謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さいたま新都心で・・

さいたま新都心で・・
雨のそぼ降るさいたま新都心のコンコースで見掛けました。このきぐるみちゃんは、何を訴えているのでしょうか?
みなさんのお手元に未だ白紙の署名用紙がありますか?え〜っ署名用紙さえない?
提出締切日が延びました。まだ間に合います。
六ヶ所村再処理工場本稼働に反対する署名です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

静岡地裁判決

あ~~、あ~。

浜岡原発停止認めず

宮岡章裁判長は「耐震安全性は確保されており、原告らの生命、身体が侵害される具体的危険があるとは認められない」と判断し、原告側の請求を棄却した。仮処分申請についても却下した。

(カエルの独り言):なんだよ、これっ。良識欠如で情けない!世界中が注目する中、こんな見解をさらすなんてねぇ。あ~情けない。ニュースを聴いてからテンション急下降。怖いことなんだけれど・・東海地震は必ず起きる・・・たぶん近い将来に。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

エッコロつながりすと

『エッコロつながりすと』で、包丁研ぎを頼みました。

全く切れなくなった包丁を2本すーさん(依頼請け人)に見ていただきました。「研げば未だ使えますよ」と頼もしいお言葉、早速包丁研ぎを頼みました。

仕上がった包丁は、空中で紙もスイスイ切れてしまいます。

包丁を研いで貰ってから、料理が楽しくなりました。野菜を切る時の感触がなんともいえずいいんです。千切りがおもしろくて、ここ2,3日はいつもに増して野菜がたくさんです。

家に使わなくなった包丁はありませんか?もう一度「いのち」をよみがえらせてあげましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エッコロ クラブ

エッコロの委員会?ちょっとわかりにくいです。

エッコロがついている言葉がたくさんあります。どうなっているか?と言いますと、先ずエッコロのついている委員会が3つあります。

エッコロ委員会・エッコロ推進委員会・エッコロクラブです。即座に答えられれば、すごい!

エッコロ委員会:各ブロック6理事で構成 

エッコロ推進委員会:各ブロックの組合員と担当理事で構成  

エッコロクラブ:各ブロック内に設置 川口ブロックでは、5支部の組合員と担当理事で構成

まだまだあります。エッコロ仕事人(しごとびと)でしょ、エッコロひろば エッコロマネー

ここまでで、こんがらがっちゃった人も多いよね。残念だなぁ。

エッコロ制度が浸透していないです。使えば便利で、保障もあってたすかりますよ。

詳しくは、組合員の皆さんのお手元にお届けした『エッコロ制度ガイドブック』をご覧下さいませ。

制度自体もまだまだ改良の余地があります。意見をどんどん発信していきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関連記事 4連発

10月24日朝日新聞朝刊に、多くの組合員が意識している記事がまとめて出ていました。

*送電線の磁界規制 送電線のような電力施設のまわりに生じる磁界の強さを、国が始めて規制することになった。ただ、低周波の磁界規制は今回見送る事に決めた。(カエルのひとりごち:甘い!)

*原爆症東京訴訟控訴審が始まる 一審判決は、国が認定の根拠としてきた被曝線量の計算式などについて「科学的知見にも一定の限界がある」とした。(カエル:この文言使えますね!)

*柏崎刈羽原発 水漏れ、もう一ヶ所 柏崎刈羽原発7号機の使用済み燃料プール付近で新たに日々が見つかり、微量の放射性物質を含む水が近くで見つかったと発表した。(カエル:出てくるは出てくるは・・)

*タービン回転翼に傷 柏崎刈羽原発6号機のタービンの回転翼に傷が見つかったと発表した。地震の揺れで羽根どうしが接触したらしい。(カエル:羽根と羽根の隙間が3ミリだって・・・、ぶつかるの当たり前じゃないか!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨の予感

雨の予感雨が降りそうになると・・・・庭の掃除をしたくなるんです。

落ち葉や抜いた草で大きなゴミ袋がいっぱいになりました。庭の半分は苔の緑絨緞です。苔をはがさないように草を抜くのは、ちょっと難しい!

ムラサキシキブとホトトギスが、緑鬱蒼の中いろどりを添えています。地面にはダンゴムシや茶色の小さなアリ、ヤツデの葉の上には、ツマグロヨコバイ。みんな忙しそうにしています。

ゆったりした時間の中で、「はて、何をしようかな?」ととても幸せな気分。何かしなくちゃいけない・・・なんて考えない日もありかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

同期会しました

中学校の同期生が、「東京旅行」に地元から出てきました。東京組も合流して33人が東京見物。お互いに交わす言葉は、○○ちゃん。久々呼ばれた○○ちゃん!あ~、懐かしい。何だか忘れ物してたみたいだ。

「変わったねぇ~」とみんなに言われてしまいました。何せみんなの記憶にあるのは、まめみたいなおチビちゃんなのですから・・・・。かつて見上げていた女の子を見下ろす立場になりました。大きい子から見ると頭ひとつ小さかった○○ちゃんでした。

よそのお家に遊びに行くと、「誰の妹なの?」とか聞かれていました。体格が目立って小さかったので、年齢相応の勉強をしていても飛び級みたいに見えたらしく、大人からは利発な子に写っていたみたい。あっはっは。

物故者も既に何人かいて、寂しい気持ちになりました。元気なうちに会いたいねとつくづく思いました。60歳で北海道、70歳でニューヨークに行くべぇと声が上がっていました。

タイムトラベルを楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーンクラブ

Rびん回収・P袋回収・Rびん消費材の利用拡大・・・・

回収率で最下位を低迷していた川口Bも、じわじわ回収率が上がっているようです。

グリーンクラブの目的は、はっきりしています。

秋にはたくさんのイベントがあるのでツール充実のグリーンクラブは、アピールの場への参上で大忙しです。まさに、目白押し。

♪「もったいない」を引っさげてのアピールには、歌姫HAOWがいないと始まらないので歌姫の体調管理が課題です。しっかり食べてしっかり寝る。

県内だけではなく日本いや世界へ広める「もったいない」精神のため、ギターを抱いて駆け回っています。種をいたるところにまいている種蒔き姫?もいます(笑い)。

10月は環境月間。ここを節目に、環境への関心をさらに高めて行きましょう。

(予告)11月18日(日)11:00~15:00のわねっせまつりにもグリーンクラブは参加します。歌あり紙芝居ありです。4大イラストレーターによるイラスト原画展もあります。お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ことのは 朗読会

『ことのは』は、東浦和公民館にある朗読グループです。活動を始めて2年半が経ちました。12人のメンバーが、講師に付いて月に二回の練習で、一つの作品を丁寧に仕上げています。

10月にオープンする浦和コミュニティトセンターのオープニングイベントに参加しました。

会場となった音楽室6は定員が50名ですが、たくさんの方が来てくれました。満席御礼。

私たちは、ボッコちゃんの分け読みを3人でしました。先月大宮市民会館でのWSでやった3人組です。WSで一緒だった人や演劇WSの仲間、「声の会」の方・・・たくさん来ていただきました。

観客の方の反応が手に取るように分って、朗読する側としてとても気持ちがよかった!

「語りかけるように」「聴いてくださる方を大切に」が、少しだけ出来たと思います。

浦和駅東口にあるパルコの8階~10階が浦和コミュニティセンターです。とても充実した施設です。エレベーターを降りたところを真直ぐに進むと、展望も素晴らしいゆったりした空間があります。そこにはすわり心地のよい椅子が用意されています。

8階:中央図書館 図書25万冊・CD1万枚・雑誌・新聞多数 座席480席

9階:市民活動センター・国際交流センター・浦和消費者センター・集会室(1)

10階:集会室1(14) ・音楽室(6)・レクリエーションルーム(2)・IT研修室・多目的ホール 

                                            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GMいらない委員会

GMいらない委員会には、それぞれのブロックから1~3人が参加しています。ブロックを超えての情報交換は、紙ベースでは伝わってこない新鮮さがあります。

後半になって好評を博したGMファイルも残り少なくなりました。ヨーロッパやオーストラリアの研究者や消費者の手元にも届いています。日本でも県外に広がっています。

GMファイルを見かけると、旧知の友に会ったような暖かい気持ちになります。

しかし、相変わらずGMの話題では心休まる時がありません。地球規模でGMの嵐が吹きまくっています。輸入大豆はほとんどがGMですし、今後もGMの作付け面積は増えていくことが予想されています。でも、諦めない。

まだGMについてあまり知らない組合員の方に、分り易く伝えるツールが必要です。

先ずは、GMいらない委員からGMの現状を発信していきたい」と思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やらまいか浜松

「やらまいか」は、浜松言葉で「やってみよう」です。ちなみに上州弁なら、「やってんべぇ」ですね。

音楽イベントと一緒に街角クリーン作戦が繰り広げられていました。参加者に緑のミニトングと緑の袋が渡されゴミの入った袋を戻すとエコバッグが貰えました。

緑のTシャツを着ていたので、スタッフと間違えられたりしました。音楽に合わせて手拍子をする赤ちゃんもいたし、にこやかな人が多い街でした。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

追っかけ 浜松記

浜松は、思ったより近い!いい街でした。

浜松の駅で、前日入りしたHAOWちゃんと地元の歌姫KIYOSAKUさんが出迎えてくれました。

二人を目指して真直ぐすすむ私の後ろには、私にすっかり隠れて見えないパクちゃんがいました。(サプライズのネタは大事に隠します)

二人の歌姫には既にオーラが見えています。挨拶はなんて言ったか忘れちゃいました。

すぐに、サプライズ場面

私の後ろから飛び出したパクちゃんにHAOWちゃんは、驚き、感激、狂気乱舞。それから、4人のハグハグ大会。浜松市民は、暖かい目で見てくれました。サプライズ成功なり。

歌姫の舞台となるヤマハのビルに荷物を置いて街に出かけました。

最初に行ったのが、宮内さん兄のバンド(BLACK MARKET)。歌姫たちは、ノリノリです。私は、ボーカルの方の年齢が気になっていました。だって、自称おじさんと言いながら見かけはおにいちゃんなんですもの。実年齢はオジサンでした。ある意味すごい!ので、拍手。

街のあちこちで演奏が繰り広げられていました。同時にやっているので気をつけないとお目当てを聞き逃してしまいます。

♪「いちご白書をもう一度」の声に惹きつけられました。声自体が素敵。若い頃に、「君のために歌うから・・」なんて言われてあの声で、歌ってもらえたらきっと惚れちゃう。歌っていいな。

ギンギンビンビンガンガンのロックにも引き寄せられてしまいました。聴衆が比較的(代々木公園に比べると・・)おとなしくて、振り上げたい拳を押さえるのが一苦労。タオルを振りたいけど誰もそんなことしていないし・・。

消化不良を起こしそうなので、早々にその場を去りました。

3時になったので、歌姫たちの会場に戻りました。ヤマハビルの8階の音楽ホールです。出演アーテストは6組でした。

きらきらHAOWちゃんが、まぶしかったけれど一番前に陣取りました。ライトにアップされた歌姫は、絵になる美しさ。ほれ~~。

客入りが心配でしたが、たくさんの人が来ていました。流石に浜松市民、聴き所を抑えている感じです。

HAOW ちゃんのあとにkiyosakuさんそのあと最後に姉妹デュオと続きました。kiyoちゃんは、地元での有名人。追っかけも多いみたいです。kiyoちゃんの声も歌も私の琴線に触れる心地のいいものでした。

歌姫からはもちろんですが、見知らぬ方達から素敵なプレゼントをたくさんいただきました。

皆さんにありがとう! また行くけんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

街頭署名 さいたま市編

「埼玉県消費者大会が埼玉会館で開かれるので、できたら埼玉会館前でやってください」と事務局Ⅰ氏。「え~っ」と叫ぶ前に「はい、やってみます」と答えてしまった。

一人だっていいさ・・・と思っても心細いのはたしか。中浦和で探しまわってやっと見つけたYさん。あとは、事務局氏が探しますからと言ってくれました。

朝10時過ぎから埼玉会館入り口に立って「六ヶ所村ラプソディ」上映ビラを配りました。程なく越谷BのKさんが来てくれました。そこから実際の署名のお願いが始まりました。一人では、次から次に来る人へのビラ渡しがやっとでした。

喫煙コーナーで一服している人は、話も聞いてくれましたし署名もしてくれました。

消費者大会が始まると、埼玉会館に入ってくる人は遅刻を気にして署名どころではありません。場所を変えて県庁通りまで出て見ました。丁度坂になっているので、自転車を押して上がってくる人も狙いどこでした。

Yさんを待って次に行ったのが、公園とユザワヤの前。ここでは、予想した以上に書いてもらえました。

1時間ちょっとで30筆。頑張りました!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

くらびすと講座  第3回

今回は、(株)高橋徳治商店の高橋英雄さんが講師です。

なんと、あの中村雅俊さんとずーっと大学まで同じだったそうです。つまり同級生。

添加物の話は重たくなりがちですが、所々に笑いどこを散りばめて話して下さいました。笑いながらも怖い・・・何だか不思議な気分でした。

練り製品は、添加物満載!サカナのすり身が主成分のはずなのに、市販の練り物には、すり身が4割程度しか入っていないそうです。でも、それなりの態をなしています。

コンビニ弁当のご飯は約200グラムですが、その中にグリシンが12グラムも含まれています。合成アミノ酸のグリシンは、保存料として添加されています。25℃の環境で48時間経っても傷まない・・・の条件をクリアするために使われているのです。

食品に使われている添加物は、それぞれの単体は基準をクリアしているので安全とします。けれども、それらを複数使用した場合どうなるかについては言及されていません。

初歩的な化学でも習ったように・・・「液体Aと液体Bはそれぞれ危険ではないが、混合した場合は有毒物質が生成される」・・って、特別な事ではありません。体内でどんな化学反応が起きているか誰も知らない!

愕然としながらも笑ってしまったこと⇒①市販の薄切りロースハムをガラス窓に貼って置いたら、しわしわのポテトチップスみたいになっていました。無理して伸ばして固めていたのでしょう。元のサイズに戻ってしまったようです。 「水に漬けたらまた元に戻りますか?」と質問したら、高橋さんは大笑いしていました。

カキにもご用心!水で膨れた市販のカキも、カキ鍋の中で極端に萎んでしまい「カキ捜索隊」が出ないと見つからないようです。

③カゼインNaと水と油と香料があれば、生クリームみたいなのが出来ちゃいます。牛乳なんて一滴も使いません。コーヒーの側にいつもついてくる白いミルクのような『あれ』です。

消費者が、安くて、見栄えがよくて、傷まなくて、おいしい・・・・なんて、勝手な要求をするから、これほどまでに添加物が横行しているのでしょう。

悲しかった話:水産資源に恵まれている日本。サカナの輸出入量がかなり多い。安全でおいしいサカナを輸出して、薬漬けのわけの分らないサカナを輸入していること。矛盾しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緊急! 岩槻の大豆畑

遠藤さんちの大豆畑で草取りをします。

日時:10月14日(日) 午後1時

集合場所:遠藤さん宅

黒浜の畑、生育が良くなくて・・・・・雑草がはびこってしまいました。予定外なのですが、草取りをします。

雑草に負けそうになっている大豆を助けてやりましょう!

(大きい声では、言えません。枝豆のお土産付きらしい・・・)

遠藤さん宅への行き方は、本部事務局にお問い合わせ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと いい話

何だか腹の立つ日が多いのは、こちら側にも余裕がないからかもしれません。

子ども達がイライラしていたり、老人達が切れ易くなっている世相に、慣れてしまうのが悲しいです。

他者の優しさに気づかない人が多いのかもしれません。

昨晩の娘との会話

「いいことあったよ」

「何?」

「タクシーに乗ったらね。『そこなら駅の反対側で乗ったほうがいいよ。線路渡るのに時間がかかるからね』と運転手が教えてくれたんだ。嬉しかったわ」・・長い間客待ちしていたのに・・・

すると娘も、

「朝ね、駐輪場のおじちゃんが『行ってらっしゃい』って挨拶してくれるといい気持ちだよ。いいよね、ああいうおじさん」

そうそう、人の優しさや心遣いに敏感になって欲しいと願っています。 いいぞ、娘。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

公民館の芸能発表会

公民館の芸能発表会東浦和公民館で東浦和地区の文化祭が開かれました。その中の一つ、芸能発表会に朗読仲間の代表が出演しました。

芸能発表会は、踊りあり演奏ありです。踊りも、フラダンス・ジャズダンス・社交ダンス・新舞踊・フラメンコ・・、演奏は琴・ギター・三味線・・と多岐にわたっています。

朗読の出し物は、星新一作「ボッコちゃん」画像右よりマスター・ボッコちゃん・青年の役。3人で分け読みをしました。

前で聞いていた方が、想定していた場所で笑ってくれてほっとしました。

怖い話です。

⇒興味のある方は近日再演いたします。広報予定しています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

生き活き交流会 2007

メインテーマは・・・体験・体感・ロハスな生活・・・でした。

それぞれのブロックごとにメインカラーが決まっていました。越谷のMさんが、ちょっぴり照れながらピンクのシャツを着ていました。とてもお似合いでお顔が明るくなっていました。

生産者の何人かの方には、顔を覚えていただいているので再会が嬉しいです。いつでも会えると思っているけど、なかなか会えない知己との出会いも楽しみです。

交流会のエンディングで♪「もったいない」を歌いました。メインは勿論われらが歌姫HAOWちゃんです。近くの方に数種のパーカッションを配り鳴らしていただきました。子ども達は積極的に「やるやる」と乗り気でした。

今回、舞台でノリノリの一面を披露してしまいました。舞台を降りてからノボリを担いで歩き回りグリーンクラブのアピールをしました。歩いている途中たくさんの方から声を掛けられました。

「あんな一面があるなんて、驚いたわ」とおっしゃったHさん。あれが私です。「抑えていたんですけどね」「気がついたら踊ってました」 数人の幼児が私の右手にはめたカエルの動きに合わせてスイングしてくれました。

交流会の会場をあとにしてから、いいことがありました。一つは、はおWちゃんへのオファー。もう一つが欅ひろばで急遽展開された『うさたんの紙芝居』。

心地よい疲れをおみやげに帰路に着きました。

グリーンクラブのグリーンTシャツとノボリ旗は如何だったでしょうか?画像で見る限りとてもきれいです。難しい色かな?と思ったけれど、みんな似合っていたでしょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

いつものところで・・・待ってます

「いつものところでね」って言っても・・・「どこよ」って言われるのが関の山。曖昧な表現はいけませんね。分ったつもりは、分かっていない。

はい、ここで問題です。誰の台詞でしょうか?⇒「良いが悪いで、悪いは良いさ」      

無粋なようだけれど、書きますね。

10月6日(土)10時スーパーアリーナ でお待ちしています。

お馴染みのお気に入り消費材を提供してくださる生産者の方々。

その熱き想いに触れるのはこの時がチャンス。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

六ヶ所・・・委員会

委員会の名称は、誰でも分り易いように・・・ということが大事なんだって。

いくつかの候補はあったものの発足時に『六ヶ所村再処理工場本稼動に反対する委員会』と決まりました。息継ぎなしで言えるかな?私は6回言えますよ。(余計な事じゃ~) ここで、試してみるあなたが好き!

「六ヶ所・・・委員会」と組合員との温度差が甚だしいなぁと実感しました。

「署名?」「何の?」「え~っ、六ヶ所ってどこ?」「しなきゃいけないの?」「忘れた!」「配布物が多すぎるわよ~」「知らないっ」

六ヶ所に実際行ってみて、危機感が迫ってきました。相手は巨大な魔物です。少ない人数では太刀打ちできません。目線も揃えて「きっ」と見据えて行きましょう。再処理工場稼動が危ないと重々承知している確信○ですから、後ろめたい気持ちがいっぱいなのでしょう。目を逸らそうとしますよ。

署名活動・メッセージ活動は有効です。100万筆達成を目指しましょう。埼玉での目標は50000筆です。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

新聞の片隅に・・・

♪今朝、新聞の片隅に~   なんて歌を歌ってる場合ではありません。

高浜原発の制御棒 一本が炉に入らず 

13行のほんの小さな記事でした。でも内容は怖い。制御棒が入らないということは・・原子炉が止らない・・安全装置が働かない。

おいおい、いい加減にしてください。

怖いことの比喩は、「綱渡り」と言ってたけれど、「原発」の方がずっとずっと怖いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーンクラブ   10・1

瓶を洗ってくりかえし使い、P袋を回収し原料として再利用する・・・・こんなに素晴らしいグリーンシステムなのになかなか定着していません。

目から耳からグリーンシステムをアピールしようと、今度はノボリを作りました。6日の交流会でお目見えします。

ノボリは布を買って全部手作りです。一枚のノボリに8箇所のポールを通す輪を縫い付けるのが一苦労でした。当初、「お任せ下さい」と一人でやるつもりでしたが、大変そうなので本部にミシンを持ち込んでみました。

とそこにいたのが、○高さん。「いいよっ、私が縫うよ」といとも簡単に言ってくれました。

Rちゃんと私はシツケをかけました。                                脇の机では、歌子さんとUちゃんがノボリにRマークのステンシルをしていました。さらにその横で、はおWちゃんがTシャツにロゴを描いていました。

隣の委員会に参加していたまめさんが休憩の時に来て、「いいじゃないっ」って褒めてくれました。うれしかったです。まめさん、ありがと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れないでね!9月30日

9月30日と聞いて、ピ~ンと来る人が何人いるでしょうか?

1999年9月30日午前10時35分 東海村臨界事故が起きました。あれから8年の時が経ちました。あの事故の教訓は生かされているのでしょうか?

確かに東海村臨界事故がきっかけとなって原子力施設にはオフサイトセンターの設置が義務付けられました。六ヶ所村にあったそのハコモノは立派でした。しかし、実際有効に機能するかについては、多くの疑問が湧いてきました。

原子力施設からの異常値申告がなければ、オフサイトセンターが動き出さないというソラオソロシイ現実なのです。

<東海村臨界事故>1999年9月30日 東海村の住友金属鉱山直系子会社JCO東海事業所の転換試練棟で臨界事故が発生し、2名の作業者が亡くなり、700名弱が被曝した。この事故の原因は政府の特殊法人である動燃のムリな注文であった。臨界安全管理のためにはウラン2.4kg以下(溶液換算6.5ℓ以下)で取り扱うべき事がわかっていた硝酸ウラニル溶液を40リットル分、「同時処理」せよと言う注文であった。

・・・たんぽぽ舎『東海村臨界事故の原因と責任』より引用 

時の流れは速くても、忘れてはならないことまで流さないで欲しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »