« やらまいか浜松 | トップページ | ことのは 朗読会 »

GMいらない委員会

GMいらない委員会には、それぞれのブロックから1~3人が参加しています。ブロックを超えての情報交換は、紙ベースでは伝わってこない新鮮さがあります。

後半になって好評を博したGMファイルも残り少なくなりました。ヨーロッパやオーストラリアの研究者や消費者の手元にも届いています。日本でも県外に広がっています。

GMファイルを見かけると、旧知の友に会ったような暖かい気持ちになります。

しかし、相変わらずGMの話題では心休まる時がありません。地球規模でGMの嵐が吹きまくっています。輸入大豆はほとんどがGMですし、今後もGMの作付け面積は増えていくことが予想されています。でも、諦めない。

まだGMについてあまり知らない組合員の方に、分り易く伝えるツールが必要です。

先ずは、GMいらない委員からGMの現状を発信していきたい」と思っています。

|

« やらまいか浜松 | トップページ | ことのは 朗読会 »

遺伝子組換え」カテゴリの記事

コメント

久々にお邪魔で~す。
今日読み終えた本「どうなる日本人の食と健康」という本にこんなことが書かれていました。

GM大豆を口にしているのは日本人だけだとか?・・・
ほかの国では、家畜の飼料用だそうです。
日本人だけが人体実験を何も気にせずやっていることになると・・・

なんと愚かで恐ろしいことでしょう。


投稿: うさたん | 2007年10月18日 (木) 22時52分

そうなんです、うさたん。
世界中の人が固唾を飲んで、結果を待っているんです。

ヒトがGM作物を日常的に摂取したらどうなるか?って見ているんです。

それに、再処理工場を稼動させようとしている変な国として着目されています。
プルトニウムを精製してそれをどうしようとしているのか?危険視されています。

投稿: かずたん | 2007年10月18日 (木) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418627/8463500

この記事へのトラックバック一覧です: GMいらない委員会:

« やらまいか浜松 | トップページ | ことのは 朗読会 »