最近のトラックバック

« 原子力施設の現状 | トップページ | 原子力産業新聞 »

朗読ボランティア

人前でやらせていただくには、正味10分であってもその数十倍は時間をかけます。

どれだけやっても、「これでよし!」ということはありません。聴いていただくという謙虚な気持ちも忘れてはいけません。大切な時間をいただくのですからね。

今日の出し物は『あんもち みっつ』http://www.doshinsha.co.jp/search/info.php?Code=00005210でした。

反省会をかねてのお茶の時間に、『六ヶ所』の署名を集めました。持ち帰って書いてくださる方の分もいれて、20筆。

再処理工場について次々に質問を受け、説明をしっかりしてきました。

« 原子力施設の現状 | トップページ | 原子力産業新聞 »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

かずたん、お疲れ様!

「紙芝居」も「語り」も大好き。
物語の世界は、
子どももおとなも惹きつけて止みませんね。

署名20筆はすごい!

先日、どうしたら署名を集められるだろう・・・?と考えすぎて
眠れなくなり、明け方うとうと。
危うく夫を遅刻させてしまうところでした。

信念と強さ+柳のしなやかさが必要なり、と思いました。

かずたんの朗読?!

なんか想像しただけでワクワクしちゃう!~
聞きたかったなあ~

署名もすごいですね。
私もヨガや仕事仲間利用者さんまで、17人からいただきました。
用紙を預けてきたところもあります。

みんなにお願いがあるのというと~
何? 署名???
と返ってくることが多いです。

うさたん、ボランティアって生半可じゃできませんね。
勉強になりました。

複数の方に同時に聴いていただくには、朗読で鍛えた?声は有効です。
何を伝えたいかを考えて、その部分を際立たせるのも一つの方法です。

伝えたい事を欲張らずに、「まさにここ!」って的を絞り込みます。興味があれば、すぐさま質問してくれるので充分にフォローはできます。

姫さま、あまり乗せないで下さい。

ワクワクのあとに、ゾッゾとくるかビッビとくるか?心配。
歌ほどの衝撃はないと思います。あっはっは。(注:そこでパクちゃん頷かないで・・)

そうだ、卓球仲間にも署名してもらおう。

かずたん、お疲れ様でした!
利用者さんや職員の方々に楽しんでいただけたことでしょう!
喜んでもらえると、ほんとうに嬉しいですよね。

署名、持ち帰って書いてもらうなんて
かずたん、さすが!
そうか、その手があった!
でもそれには、署名期間が短すぎる・・・
9月5日に署名用紙が来て、〆切が9月21日なんて・・・

ちょっと、強引かしら?
でもね、「持ってかえってしてもらうわね」ってAさんが言ってくれたんです。嬉しかったです。

そうですね。
よく仕事などで割が合わない時に、「ボランティアでやっているわけじゃない!!」 という言葉を聞きます。

そんなときは凄く腹立たしいです。
私は仕事もボランティアも同じくらい丁寧にやっているつもりです。
ボランティアだから適当でよいというのは、相手に失礼です!!

でもやってみないと、なかなかか分からないですよね。

うさたん、ボランティアの立場って難しいです。

「聴いていただく」謙虚さは分かっていますが、やはり難しい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418627/7927025

この記事へのトラックバック一覧です: 朗読ボランティア:

« 原子力施設の現状 | トップページ | 原子力産業新聞 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ