最近のトラックバック

« 九夏三伏 | トップページ | 遠藤さんちの畑作業 »

アレロパシー作用

セイタカアワダチソウ とかコモチマンネングサとかメマツヨイグサドクダ・・・など群落をなしている植物。

木の下には草が生えないアカマツ、クルミ・・・。

どうして? 自分の領域を拡大するために他の植物の育成を抑制する物質を出しているのです。

なんだか、同じ考えの集団が出来上がりそうな我が国にもアレロパシー作用が働いている気がしています。 アメリカからきた帰化植物に顕著な作用であることも変に一致している

周りを見回してみれば、じわじわ広がっている。最後には自滅するらしいけど・・・。

使い方によっては、アレロパシー作用も農薬代わりにできるのになぁ。

« 九夏三伏 | トップページ | 遠藤さんちの畑作業 »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アレロパシー作用:

« 九夏三伏 | トップページ | 遠藤さんちの畑作業 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ