« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

夏休みの宿題!

エッコロ講座で木の本立てを作りました。

なんと間の仕切りがスライドします。                                                      

仕上げに紙やすりをかけ白木の美しさが際立ってきました。

これで早々と夏休みの宿題(どこに提出するねん?)ができました。

「こんなに上手に作れるはず無い!」・・・・・鋭いですねぇ。実は、プロの方に作っていただきました。岡崎建築の岡崎社長です。

岡崎建築は以下のHPをご覧下さい。

http://www.f2.dion.ne.jp/~santa88

| | コメント (2) | トラックバック (0)

”コーヒー屋シュッツ”設立総会

生活クラブ本部の談話室で、”コーヒー屋シュッツ”の設立総会が開かれました。

高校1年の時コーヒーサイフォンを買って以来、コーヒー歴が人生の7割にも及びます。

ダメですよ計算なんかしちゃ!

コーヒーもちゃんとした豆を選ばないと、体調を崩すこともあるそうです。粉になったものは、カビ豆・発酵豆・未成熟豆など分らなくなってしまうので、できれば豆で買いましょう。

コーヒー屋シュッツのホームページはこちら

http://cafe-schutz.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦争展

スタッフとして参加していた昨年、一昨年。

違う目線でゆっくりみてきました。同じスペースでも今回はゆったりしていた感じがします。展示も見やすかったですし、当時の衣類や携行品などが多くを語っていました。

中でも鉄の造形作家武田美通さんの作品は衝撃的でした。兵士の指差す先が丁度私の目の辺り・・・立ちすくんでしまいました。

茨木のり子氏の詩から、イメージした作品にも胸が詰まりました。

家に帰って茨木のり子氏の詩集を取り出し久しぶりに読みました。手持ちの2冊の詩集には『木の実』が収められていませんでした。リーフレットでいただいた茨木氏の『木の実』を読んでいたら武田氏の作品がフラッシュバックしました。

越谷ブロックの展示ブースには、お目当ての方がいなくて残念でした。解説員の方が展示のそばにいましたが、声もかけずに来てしまいました。

六ヶ所村再処理工場も、地震被害を受けた刈羽原発が注視されているので気にかける方が多くなってきたと思います。国がすることだから・・・と諦めたり、信用したりするのはいけない!御し易い国民と国の内外から思われているような気がしています。

「なめたら、あかん!」

年に一度の戦争展。見なきゃ始まりません。

来場者に若い世代が多いのは、まだまだ捨てたもんじゃないですね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

連絡:大豆畑の草取り

遠藤さんちの大豆畑の草取りの日程が決まりました。

梅雨明けも間近です。草が元気に伸びています。大事な大豆のために草取りをいたします。み~んなでやれば、楽しいよ!

*日時:7月28日(土) 午後1時集合

*場所:遠藤さんち(岩槻区鹿室)

*持ち物等:飲み物・軍手・帽子・タオル

(車の方は、宝国寺の隣の駐車場をご利用下さい)

詳しい地図が必要な方は、中浦和の本部までお問合わせ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カマドウマ

うさたんのブログを見ていて、書きたくなったカマドウマの話。

虫を嫌いな人は多いけれど、昔から人との関わりが多いのも虫。気をつけていると所々に虫関連の言葉は散りばめれれています。

エンノシタコウロギ・シケムシ・ピョンピョンムシ・エビコーロギ・ベンジョコーロギ・アタマハゲ・ウサンコ・イドカミサマ・オガマノパクパクカベウサギ・ネコムシ・サムガリムシ・ハネネコ・ヨシツネ・イノコトンボ・ミソナメ・ウマムシ・カミサマノツカイ・エビスウマ・ホトケノウマ・・・・カマドーラ(番外)

赤字青字⇒なんだか知り合いがおおい!

幼い頃なんて呼んでいたかで、出身地がおおよそ分ります。

因みに私は、広域呼称の・・・・シケムシでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

環境百禍

変換ミスではありません。フォトジャーナリストの中村梧郎の本のタイトルです。

笑える内容ではないのですが、なんだかおかしいです。

排気ガス、肺飢餓す。

富士名水、不治酩酔。

瓶缶鈍感。

憂入農産物。

農薬惨布。

ゴルフ場、五里不浄。

焼却炉、消化苦慮。

東京湾は投棄用湾。・・・・・

20年も前から、憂慮されていた環境問題。よくなっているのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GMナタネ自生調査埼玉報告会

GMナタネ自生調査に携わった組合員からの報告・情報共有・学習会・交流会の盛りだくさんな会合でした。

埼玉県からは、GMナタネは検出されませんでした。近県の千葉からは出ていますので油断できません。全国からの報告では、1620検体でラウンドアップ耐性ナタネが20件、バスタ耐性ナタネが17件でした。

GMナタネが検出された府県は、千葉・静岡・大阪・兵庫・福岡・熊本・鹿児の7つです。

米澤製油http://www.yonezawaoil.com/htm/top.htmの安田大三さんから、ナタネ油製造の過程を詳しく話していただきました。

私たちが何気なく手に出来る「ナタネ油」は、かけがえのない素晴らしいものなのです。

市販の油の恐ろしさといったら筆舌に尽くし難い。

「あんなものを体内に取り込んで大丈夫なのだろうか?」「企業倫理は無いのか?」「知ってしまったからには、伝えなければ・・・」

言葉力のあるブローガーに急遽声をかけました。数人が駆けつけてくれました。

「伝えなきゃ」「書かなきゃ」「話さなきゃ」の熱き想いが眼の奥に光っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもしろブログ 見~つけた!

遊びに行ってみてね。考えてる事が同じ・・・・同じはずですよ。

若いけれどね、バリバリの生活クラブ組合員なんです。

ECOきょんのECOおたく生活

http://plaza.rakuten.co.jp/ecomidori/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

風前のナタネ どうなるの?

バイオエネルギーが脚光を浴びています。石油はあと40年しか持ちませんから、何か代わりのエネルギーを探さなくては・・・と、目をつけられてしまったのが植物。

ナタネ・トウモロコシ・サトウキビ・ダイズ・・・今まで食料としていたものが、石油代わりに使われています。

ということは、どういうことか?これからどうなっていくのか?生活クラブのナタネ油は作り続けられるのか?私たちに出来ることは?

こういう話を分りやすく話してくださる安田大三氏(米澤製油)をお招きしました。

「GMナタネ調査埼玉報告集会と学習会」

*7月17日(火) 10:30~12:30

*中浦和 2階 会議室   

知らずに済まされる問題では、ありません!

緊急課題です。

                                    

| | コメント (5) | トラックバック (0)

卓球再開

なが~い間休んでしまった卓球。7月11日から再開しました。4日からはじめるつもりでしたが、なんと封印していた靴の劣化が激しくて履ける状態ではなかったんです。

高田馬場駅のすぐ近くの 卓球専門店に行きシューズを新調しました。お店の方の雰囲気がとてもよかったのと、ゲームシャツのバーゲンをしていたのでシャツも購入。ついでにショートパンツも買っちゃいました。古いのは中味だけです(笑い)。アルゼンチンサッカーチームと同じ上がサックス下がブラックです。気分は、アイマール。えっへっへっへ。

「ひさしぶり~ぃ」「元気だった?」「あら~、珍しいぃ」等の声にテレながらゲームを2時間やってきました。後半はダブルスの試合形式で11チームのトーナメント戦。2回勝ち上がってベスト4までいきました。

いまのところ筋肉痛らしきものなし。明日がこわい?かも

| | コメント (2) | トラックバック (0)

星空ナイト☆☆

HAOW ちゃんの歌美味しい手打ち蕎麦という素敵な企画を『暖』の管理人さんたちが計画してくれました。

あいにくGMナタネの全国報告会と日にちが重なっちゃたけれど、時間は重なっていない。 いけるぞ!いけいけ・・。

『暖』とグリーンクラブの共同企画にしていただいたのに事前準備のお手伝いも出来ないままでした。 しかし、新グリーンクラブメンバー Hさんが会場作りに奔走してくれました。謝謝。組合員は才を隠している人が多いので、無理に頼んでずりずり引っ張ればたいていのことはできちゃいます。ある意味すごい。

HAOW ちゃんの歌はもちろんのこと,おしゃべりも好きです。ライブに強いシンガーです。ちいさな客人のために急遽「アイアイ」を歌い、遅れてきたVIPのために数曲披露。い~ぱい学んじゃった。でもね、まねできないなぁ。

グリーンクラブ断トツキャラの○高さんは、ホタル追いかけみちのくの旅に出ていて欠席。寂しかったです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

周期表 再び

以前のブログ「茶房かぜのおと」でもちょっと触れたのですが・・・、みなさんあまり興味がないみたいで、寂しいです。

ニュートンの附録についていた周期表を壁に貼っています。反対側には健さんが・・・。

2007年GMナタネ自生調査報告会で河田先生の話の中で「人に話したい」ほどの衝撃に駆られた話題がありました。勿論周期表が関係します。

植物は地中から必要な物質を主に根から取り入れています。リン・カルシウム・マグネシウム・カリウム・窒素・・・・・植物体によっては特殊な元素も欲しがっています。

ここで、周期表をご覧下さい。といっても身近にはないかもしれませんね。

びっくりした! のは、最外殻の電子の数が同じ物(いわゆる族が同じ)なら、植物体は勘違い?して取り込む習性があるということ。セシウムやルビジウムは最外殻電子が1個の1族なので、ナトリウム・カリウムと同じ族です。なので、植物体は放射性物質であるセシウム、ルビジウムを地中から選別して取り込んでいくそうです。植物体による濃縮も起きるんですね。

こうなると、GMでより放射性物質を取り込むように操作して頑強な植物体を作ろうとする動きが出てくるかもしれません。実際にタンカー座礁による海浜汚染の処理のためにGM体が使われたこともありました。報告者はとても有効な方法であったと結論していました。

恐ろしい事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイオ燃料ブームを問う!

7月7日(土)13時から2007年GMナタネ自生調査報告会が、明治大学リバティタワー6階の1063教室で開かれました。

全国集会でしたので、日本各地から集まりました。遠くは福岡そして京都・大阪・千葉・静岡・・・見知ったお顔も何人かいらっしゃって嬉しくなりました。

埼玉からもたくさんの組合員が参加していましが、並んでは座れなかった。ひとりポツンでした。(どうしてかって?)懐かしいお茶の水駅周辺をウロウロしていたら、ギリギリになってしまったからです。 町並みは随分変わりました。軒並み高層化していました。山の上ホテルがビルの谷間にありました。

同じ建物の中で『六ヶ所村再処理工場』関連の集会もあって、ちょっと心が動いていたら・・・・なんと、河田先生が、GMの話の半分以上『原発』の話をしてくれました。

原発とGMは似ている。

どちらもいらないものなのに市場原理の元で、でかい顔をしている。人類を幸せになんかしてくれません。「後始末」という大きなお荷物だけを残してしらんぷり。

変なところで繋がっている因縁を感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラオケで音合わせ

HAOW さん、歌子さんとの夢の共演が実現し「にんまり」しています。

久々にマウスピースをくわえました。

ブランクが長かったけれど、肺活量やもろもろの体力は維持できているようです。技術?は、落ちるほどには高まっていなかったので、これまた変わりなし。

「半音ずれているよね」の指摘に半音上げたり下げたり・・・、キー操作を繰り返しました。

音のずれが解消し、とてもいい気分。お二人の技量に全面的に助けられています。

時間がちょっとあったので、歌子さん・HAOWちゃんの生歌が聞けました。

「すご~い」「すっばらしい」「すてきぃ~」

| | コメント (5) | トラックバック (0)

六ヶ所村再処理工場本稼動に反対する委員会

公募委員会にしては、多くの方が参加してくれました。応募15+担当理事2+事務局1。六ヶ所関連の運動は、時間との戦いです。

共同声明・全国ネットの発足・青森集会・メッセージカード・署名・・・・だんだん具体的になってきました。しかし、国を挙げての『再処理工場稼動』への動きも、ますます盛ん。

リユース・リサイクルの文言が、変なところで使われています。一番大事なのはリデュースなのにね。

署名呼びかけ文に関して、たくさんの意見が出ました。板ばさみ的な立場にある場合は、ズバッと明快に言い切れないようです。

生産者にとって、風評被害は垂れ流し放射能と同じ位怖いのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

こんな風に見られてるんだ!

生協の比較・・・なんてサイトがあったので引っ張ってきました。何だか『生活クラブ』の紹介が他のに比べてあっさりしすぎてる感じがします。

http://www.k4.dion.ne.jp/~co-op/coop-05saitama.htm

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大豆畑 作業レポート

6月30日(土)岩槻の畑での大豆植え付け作業が無事終了しました。

生活クラブから6人、大豆トラストの方が18人の総勢24人が参加しました。

一列に並んでさっさかさっさか・・・、手際もよくてあっという間に植え付けが終わりました。

次回は、7月下旬に草取り作業を予定しています。詳しくは分り次第お知らせします。(大きな声ではいえませんが、枝豆が美味しい頃だとか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »