« 展示会 | トップページ | 31人のキャンドルナイト »

迷子のカエルたち

中浦和に5時過ぎまでいたので、大慌て。

家に戻って(タッチ アンド ゴー)、相棒と急いで南浦和に向かいました。

5時49分発の電車に乗って、53分頃に改札を出てひたすら健康ランドのつるかめランドを目指しました。

しかし、つるかめランドは、スーパーでした。

『がっ、が~ん』『パキッ』(自分の思い込みが完全に間違えていた時のパニック)(記憶の回線が切れた)

「つるかめランドを過ぎて、ちょっと入ったところ・・」の記憶が頼り。

「あれっ、右だったか左だったか?」

ぐるぐる回って30分経過。

泣きたい気持ち。携帯には、HAOW ちゃん以外、パクちゃんも姫さまも入れてない!

「なんてこった」

・・・・・・・・ここから、救出隊長が登場です。

あと二分過ぎていたら携帯切って電車に乗っていました。

|

« 展示会 | トップページ | 31人のキャンドルナイト »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

迷子になったら、どうして電話やメールくれないんだ!
かずたんは賢いと思っていたのに・・・・ブツブツ・・・・と思ったら、

なぁんだ、登録してなかったのね。
それでは携帯をもっていても意味ないじゃん!

泣きたい気持ちだったんだね。
相棒さんの手前、ハグを遠慮しちゃったけど、
あの場面では大きく包み込んであげなくちゃならなかったんだね。
次回、たっぷりハグしてあげるね。
覚悟しててね。(^u^)

投稿: パク | 2007年6月25日 (月) 17時41分

あちしぃ、ド近眼に近いんだけれど・・・・。
パク隊長のお姿は、何故かすぐ目に入りました。

一緒にいたカエル君が「がまくん、気持ちは分るけど、道路に飛び出しちゃぁだめだよ」と心配していました。

点滅をはじめた信号に向かって突進していきました。
あんなに走ったのは、ヘビオに追いかけられた時以来です。

投稿: かずたん | 2007年6月25日 (月) 22時53分

今日のHAOWちゃんの講座にかずたんがいなかったから、
寂しかったとです。

ゲーテを読み、掘り下げている かずたん
フィッテのみんなのやせ体験を読んで、目が疲れたパク

二人とも読書家だね。

投稿: パク | 2007年6月27日 (水) 23時18分

パクちゃん、寝食忘れて没頭するタイプです。
ただ、体力落ちてきたし睡眠不足には勝てません。
だから・・・掃除などつい後回しになっています。

パクちゃんに差をつけられたような気がして・・・・・・歯軋りしています。ガリ・ガリ・キリ・キリ・・

わてには、リンパマッサージがある!

投稿: かずたん | 2007年6月28日 (木) 09時07分

またですが、私も侵食忘れ、没頭タイプです。
夫の前ではなるだけ普通っぽく演じていますので
普通の主婦だと思っている?と思いますが、
こどもたちは、私の「のめり込み症候群」に小さい時から気づき、
私にその症状が出ている時は、離れて見守ってくれて?います。
私を理解してくれる子どもに恵まれ幸せです。

理解?見放し?あきらめ?

投稿: パク | 2007年6月28日 (木) 12時14分

パクちゃん! 侵食?・・おぬしも地質学者ですか?
侵食なんて言葉、日常的じゃあ~りません。

子どもは、りっぱ。柔軟性(ピキッ)があってフレキシブルな対応がすぐさまできて・・えらいもんです。

うちでも超越した子ども達の囲まれています。ぶっちぎろうがへまをしようが、滅多に驚かない。

一番驚き易いのが、おっととです。
なにせ、「驚いた~」が口癖です。

投稿: かずたん | 2007年6月29日 (金) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/418627/6918462

この記事へのトラックバック一覧です: 迷子のカエルたち:

» 31人のキャンドルナイト  [生活クラブ生協☆パークパク]
 【全員にエコなお土産月ライブ】  HAOWちゃんライブ in 宮内家  HAOWちゃんライブはまさに右上がりライブ。 回を重ねるごとに魅力は増していく。 何回聞いても驚くのは、曲がいろんな顔をもってること。 軽快な歌には軽快な声・歌い方。 高音で美しく歌ったかと思うと、すごみのある歌い方をしたり、 曲により別人が歌ってるみたいだと私は感じてしまう。 ギターの弦が切れちゃうんじゃないの?の超〜激しい歌から 清らかな歌まで、そりゃまぁ見事! ... [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 17時42分

« 展示会 | トップページ | 31人のキャンドルナイト »