最近のトラックバック

ふきの季節

青葉がまぶしい頃になると、ふきが食べたくなります。

庭先に細めのふきが生えているので、20本位を摘み取ってみました。かつては鍋一杯のふきの煮物が定番でしたが、今では季節をたのしむ程度で十分です。

ふきを食べながら、♪筋の通ったふ~き の歌を思い出しました。いくつになっても筋は通したいです。流されることなくね。

 

八ッ場ダム

草津に住む友だちが、八ッ場ダムの10月13日現在の様子を伝えてくれました。

10月1日から湛水を始め12月に満水になる予定でした。しかし台風19号がもたらした大量の雨によって既に満水になってしまったそうです。

ちょろちょろ貯めていけば、エメラルドグリーンの湖水が売りなんでしょうが・・・送ってくれたダムの画像は泥水でいっぱいでした。美しくない!

水没してしまう鉄橋を見に行くと計画していた人や最後の紅葉を楽しみにしていた人たち・・・残念です。

地元に住んでいた人たちも代替地の地代が渋川や前橋とあまり変わらないので、多くの人が出て行ってしまったようです。

残ったものは不要な巨大な箱もの。

2019年10月13日 八ッ場ダム満水 また大雨が降ったら 緊急放流ですかね?

 

台風19号

ニュースでは、1958年の狩野川台風に匹敵するほどの大型台風であると警戒を強めています。異常気象の一つでしょうか?大型台風が多くなった気がします。

先月の台風で千葉県をはじめとして大規模停電がおきましたが、電柱の強度が弱かったとの報道もありました。原発に莫大な費用がかかるため、他の施設へのしわ寄せが来たのでしょう。

根本的な安全への意識が低すぎるようです。

あーあっ。情けない!

 

立山黒部アルペンルート

Dsc_0444

被写体がいいと、いっぱしのカメラマンになった気分。クリックで大きくなります。

 

 Dsc_0637 Dsc_0431

快晴に恵まれて気持ちのいい旅でした。

バスで標高2400mに上るなんて、かつての山女は認めたくなかったけれど・・・よかったです。

またアルぺジョーネソナタ

前回はコントラバスでしたが、今回はビオラ。

初めて聴いたのはトルトゥリエのチェロでした。うれしい時も悔しい時も情けない時も勇気を奮いたいときも・・・アルぺジョーネソナタ。

感情の起伏が大きかったころとは違って、今聴いているとなんだか子守唄のようです。

 

 

教師の日 10月5日

Googleの文字の代わりに、タコが黒板の前で忙しそうにしているイラストがありました。

何かな?と思って、クリックしてみたら・・・10月5日は教師の日 でした。

確かに、タコと同じように手が八本あればいいのかもしれません。

先生に感謝する日なんて決められてもね。

見方を変えれば、日ごろは感謝してないんだ。

毎日が日曜日 二年目に突入

子どもたちが社会人になり家を出てから10年が経とうとしています。

懸念された「空の巣症候群」に見舞われることもなく忙しい日々を過ごしました。子どもたちと同時期に就職しました。

ブラック企業のような就業実態でしたが、振り返れば楽しいことが多かったと思います。チャンスは、転がり込むこともあるけれど最終決定は自身で決めることです。

マラソンランナーのような経験もしました。まっ、歩いているときのほうが長かった感じです。

憧れの隠居生活も、思いの外いい感じ!

片付け関係の本と健康維持関係の本は近くの図書館でほとんど読みました。ただ片付けの実践が・・・・

〈読んだ端から忘れていく〉というかつてない不思議にも慣れてきました。

一日5行の日記は頑張っています。起きた時刻の記入から一日が始まります。

先日、退職まじかの人と話す機会がありました。 「今が一番楽しいよ」と伝えたところ・・・不安を抱えていたらしいそのかたは、予想外の答えに驚きながらも安心したようでした。 

胡散臭い情報に振り回されないようにしなければなりません。

 

 

十五夜

きれいな月が見えてます。すでに月の出から2時間以上経っているので、高度も高くなっています。

2,3日前から急に涼しくなって月の光も白っぽく感じます。

最近分かったことですが、9月の満月の日は必ず「仏滅」とする。だから十五夜のことを別名「仏滅名月」ともいうそうです。

十五夜の晩、谷川岳の尾根で暴風雨に見舞われたのは、「仏滅」だったからじゃないのね。

今なら気象情報もリアルタイムですぐ入手できるから、天候の急変もある程度予測できたのに・・・ほんとこわい思いをしました。

今夜の空は穏やかそのもの。

俳句の一つでも捻りましょうか?

 

 

体重計

家の片付けをしていたら・・・忘れ去られていたものが出てきました。飽きっぽいからこんな感じのものがあちこちにたくさん。時々思い出したように使って見るからなかなか処分ができないのが現状。

測るだけダイエットが流行った頃には、一日何度ものっていた体重計。プールに通ってた時は、測るのがおもしろいくらい変化があって、プールの前と後では1~2キロも減っていました。

今はのんべんだらりの生活で、いけないなぁと思いつつ体重管理は二の次でした。反省しきり。

恒常性が高いというのか何故かわからないけれど、体重の変化がほとんどない。

20歳を過ぎれば痩せるというのもあてはまらなかったし、年とれば痩せてくるというのも該当しない。見かけはばあさんなんだけれどね。

必殺?廻し蹴りを繰り出していた頃とおんなじ!

夫との体重格差是正もままならぬ。

今日から、測りまくるぞー。

 

 

地球照

明日の月齢は26.0 いわゆる二十六夜です。

月が出るのは明日の午前1時ころ。8月30日が新月なので今夜の月は羨ましいくらい細い月です。

太陽の光が届いている月の部分が光っているはずですが、今夜の月は地球からの光も受けているので本来暗い部分もぼうっと見えます。

太陽からの光を地球が反射して月を照らす様を「地球照」と呼びます。満月もかなり明るいのですが地球は満月より反射率が高いし表面積も広いので満月75分の明るさ。

月が上がってくるときに月の暗い部分にうっすらと三菩薩が現れるのです。

この月を拝めば願いが叶うと言われています。

明日から新学期。子どもたちの健やかな成長を願いましょうか。

早寝習慣がすっかり定着しているので、ひと頑張りしないと拝めないかもしれない。

セミの天気予報

朝から大雨注意報が発令され、外干しは無理かな?と思っていました。雨が降り出すまで外に干そうと決め、空とにらめっこ。層状の雲は見ていても面白くないので、早々に引っ込んじゃいました。そのうちにセミの大合唱が始まり、薄日もさしてきました。念のため雨雲レーダーを確認すると・・・雨雲は南の方に移動していました。

セミってすごい!それに引き換えヒトの無力さ。謙虚にならざるを得ません。まぁ、発生時を考えれば大先輩ですからね。

«ペタンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ